Vol.04 ブリッジリンク/ビジュアル・グラフィックス共同開催、バーチャルプロダクション内覧会レポート[シネマトグラファー小林基己の視点]
拡大する(全10枚)
ブリッジリンク+ビジュアル・グラフィックス(以下:VGI)による内覧会に行ってきた。ブリッジリンクは高精細LEDディスプレイをいち早く取り入れたり、球形やCUBE型LEDディスプレイなど独自のカラーを強く打ち出した大型映像を得意とする会社だ。そのブリッジリンクが2021年後半から、映像ソリューションを提供するVGIとタッグを組みバーチャルプロダクションに力を入れてきた。

東京江戸川区にある本社で、LEDを使ったインカメラVFXのデモンストレーションを含めた様々なLEDを展示した内覧会を行っているとのことでお邪魔してきた。

様々な特殊な形状のLEDを展示多種多様な形状のLEDはブリッジリンクの真骨頂だ入ってまず目に入ったのは、Ticker LEDディスプレイだ。荷物棚の棚板に沿うように細いLEDが配置されていてアナウンス表示が出来るようになっている。

Ticker LEDディスプレイ。棚のスペースを利用して情報を表示するこの最初のスペースで過去作品の制作現場のメイキング映像や、これからのプロジェクトなどのクリップを見せてもらった後に、奥に入っていくと今回の目的であるバーチャルプロダクションのシステムが組まれたスペースに出る。

独自開発のLinkBoxを介したバーチャルプロダクションの展示約横6m×縦3.4mの1.9㎜ピッチのLEDディスプレイを背景とするインカメラVFXのシステムが組まれていた(1.9㎜というピッチ数は4K出しで7.3m×4.1mになりモアレもあまり気にならないというバランスの良いピッチ数だ)。それとは別に照明用に横1m×縦2mの3.9㎜ピッチの高輝度LEDディスプレイも用意されている。

この記事の画像

「Vol.04 ブリッジリンク/ビジュアル・グラフィックス共同開催、バーチャルプロダクション内覧会レポート[シネマトグラファー小林基己の視点]」の画像1 「Vol.04 ブリッジリンク/ビジュアル・グラフィックス共同開催、バーチャルプロダクション内覧会レポート[シネマトグラファー小林基己の視点]」の画像2 「Vol.04 ブリッジリンク/ビジュアル・グラフィックス共同開催、バーチャルプロダクション内覧会レポート[シネマトグラファー小林基己の視点]」の画像3 「Vol.04 ブリッジリンク/ビジュアル・グラフィックス共同開催、バーチャルプロダクション内覧会レポート[シネマトグラファー小林基己の視点]」の画像4
「Vol.04 ブリッジリンク/ビジュアル・グラフィックス共同開催、バーチャルプロダクション内覧会レポート[シネマトグラファー小林基己の視点]」の画像5 「Vol.04 ブリッジリンク/ビジュアル・グラフィックス共同開催、バーチャルプロダクション内覧会レポート[シネマトグラファー小林基己の視点]」の画像6 「Vol.04 ブリッジリンク/ビジュアル・グラフィックス共同開催、バーチャルプロダクション内覧会レポート[シネマトグラファー小林基己の視点]」の画像7 「Vol.04 ブリッジリンク/ビジュアル・グラフィックス共同開催、バーチャルプロダクション内覧会レポート[シネマトグラファー小林基己の視点]」の画像8
「Vol.04 ブリッジリンク/ビジュアル・グラフィックス共同開催、バーチャルプロダクション内覧会レポート[シネマトグラファー小林基己の視点]」の画像9 「Vol.04 ブリッジリンク/ビジュアル・グラフィックス共同開催、バーチャルプロダクション内覧会レポート[シネマトグラファー小林基己の視点]」の画像10