Vol.18 漂い続けるNDフィルター Driftersの流れ着く先~2022年 可変NDフィルターの最適解を探す旅1~[鈴木佑介のLook Ahead-未来に備える映像制作-]
拡大する(全10枚)
「可変NDって何使ってます?」「お久しぶり、元気でしたか?」の挨拶と同じレベルと言ったら言い過ぎかもしれないが同業者、若い世代問わずよく尋ねられる言葉が冒頭の「可変ND何がいいか?」だ。NDフィルターは定期的に話題になる。

ND Filter~Neutral density filter~。NDとは「中立な濃度」を意味し、色には影響を与えず、一定の波長に対して一定の光量を落とす事ができるフィルターだ。低感度にして絞り込んでも明るすぎる被写体に対し、減光することで適正露出にすることができる。写真だとスローシャッターを得るために使う方も多い。

今でこそ「シネマカメラ」と称されるカメラの大半にはNDフィルターが内蔵されているが、ミラーレス一眼をはじめとする、スチルカメラでの映像撮影が当たり前になったことでビデオカメラにはあって当たり前だったNDフィルターが映像制作においてのミッシングピースになったのは間違いない。

映画やCFなど大人数で行う、従来からの撮影システムであればレンズ前にはマットボックスがあり、角形のフィルターをマットボックスにスロットインすることで解決するが、濃度別に入れ替える手間、重量化してしまう事を考えると現在、広義となった「動画・映像制作」においてそれを踏襲するのはコスト面、少人数でのワークフロー的にハードルが高い。(もちろんフィルターワークという意味ではマットボックスは一番便利なのだが)

この記事の画像

「Vol.18 漂い続けるNDフィルター Driftersの流れ着く先~2022年 可変NDフィルターの最適解を探す旅1~[鈴木佑介のLook Ahead-未来に備える映像制作-]」の画像1 「Vol.18 漂い続けるNDフィルター Driftersの流れ着く先~2022年 可変NDフィルターの最適解を探す旅1~[鈴木佑介のLook Ahead-未来に備える映像制作-]」の画像2 「Vol.18 漂い続けるNDフィルター Driftersの流れ着く先~2022年 可変NDフィルターの最適解を探す旅1~[鈴木佑介のLook Ahead-未来に備える映像制作-]」の画像3 「Vol.18 漂い続けるNDフィルター Driftersの流れ着く先~2022年 可変NDフィルターの最適解を探す旅1~[鈴木佑介のLook Ahead-未来に備える映像制作-]」の画像4
「Vol.18 漂い続けるNDフィルター Driftersの流れ着く先~2022年 可変NDフィルターの最適解を探す旅1~[鈴木佑介のLook Ahead-未来に備える映像制作-]」の画像5 「Vol.18 漂い続けるNDフィルター Driftersの流れ着く先~2022年 可変NDフィルターの最適解を探す旅1~[鈴木佑介のLook Ahead-未来に備える映像制作-]」の画像6 「Vol.18 漂い続けるNDフィルター Driftersの流れ着く先~2022年 可変NDフィルターの最適解を探す旅1~[鈴木佑介のLook Ahead-未来に備える映像制作-]」の画像7 「Vol.18 漂い続けるNDフィルター Driftersの流れ着く先~2022年 可変NDフィルターの最適解を探す旅1~[鈴木佑介のLook Ahead-未来に備える映像制作-]」の画像8
「Vol.18 漂い続けるNDフィルター Driftersの流れ着く先~2022年 可変NDフィルターの最適解を探す旅1~[鈴木佑介のLook Ahead-未来に備える映像制作-]」の画像9 「Vol.18 漂い続けるNDフィルター Driftersの流れ着く先~2022年 可変NDフィルターの最適解を探す旅1~[鈴木佑介のLook Ahead-未来に備える映像制作-]」の画像10