[Vegasで始める次世代音楽映像のイロハ]Vol.04 音声ハイサンプリングレート化を考える

[Vegasで始める次世代音楽映像のイロハ]Vol.04 音声ハイサンプリングレート化を考える
音声のハイサンプリングレート化について考える

今回会場を賑わせていた各メーカーの3D対応のカメラも単板センサーのビデオカメラもキヤノンの50Mbpsのビデオカメラも、全て音声収録は48KHz止まり。別会場で華々しく発表されたREDのEPICですら同じであった。その事について技術者に食ってかかると、「それは音声スタッフと音声機器メーカーが考えれば良い事」と一蹴されてしまった。どうやら映像機器メーカーは音声の向上に関してはあまり関心がないようだ。だが映像ソフトメーカーとしては別の意識を持っていなければならないのではないだろうか。


そもそもこの連載を始めた一つのきっかけは音楽ソフトに対する危機感だ。もう一度軽くおさらいしておく。CDの44.1KHzというサンプリングレートはCDが生まれた時から変わらず、途中何度かハイサンプリング化を目論んだ製品も現れたが、専用機器が必要だった事から普及には至らなかった。そして時代の流れかネット流通に沿う形で音質は逆に下がってしまっている。これではコンテンツ制作者のモチベーションもリスナーの欲求も下がって当然だ。


私はこれが音楽ソフト業界不況の大きな要因だと考えていてもう一度「熱くなれる」音楽ソフトを作るべくこの連載もやっている訳だが、映像業界の動向も似たような道を辿っていると言わざるを得ない。YouTube やUSTREAM 等、ネット環境に沿う形での低画質化を受け入れ、音声のサンプリングレートもDV誕生の時から48KHzのままで、向上する気配すらない。幸運にも地デジ化に伴うHDの普及やデジタル一眼ムービーの進化や3Dブームといった上昇気流もあり、盛り上がりはあると思うのだが、音声も含めていつも最高の品質を追い求めようとする流れを止めてしまえば今の音楽業界と同じ道を辿ってしまうのではないかと危惧している。


あわせて読みたい

PRONEWSの記事をもっと見る 2010年11月30日のIT記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース インタビューの主要ニュース

ITニュースアクセスランキング

ITランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

トレンドの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

最新IT業界情報やiPhoneやAndroidやガジェット、話題のサービス、IoT情報、スタートアップにまつわるニュースをお届け中。