DaVinci Resolveカラーグレーディング事例:スリラー映画「エージェント:ライアン」の場合

DaVinci Resolveカラーグレーディング事例:スリラー映画「エージェント:ライアン」の場合
Images courtesy of Paramount Pictures.

Blackmagic Designの発表によると、ロンドンのCompany 3にて、スリラー映画「エージェント:ライアン」のフィニッシングにDaVinci Resolveが使用されているという。ケネス・ブラナー監督は、ベストセラー作家トム・クランシー氏のキャラクター「ジャック・ライアン」をもとに、パラマウント・ピクチャーズによるスパイ映画シリーズを完成させた。


「エージェント:ライアン」は、現代社会を舞台にした、テンポの速い痛烈なスリラー作品。今回新たに創作されたストーリーでは、主人公(ジャック・ライアン)の若き日々が映し出されている。今作「エージェント:ライアン」では、ライアンがCIAに入局した後、米国の経済システムを不能に陥らせるテロ攻撃の脅威に直面する姿に焦点が当てられている。


Company 3のカラリスト、ロブ・ピッツィ氏は、2013年上旬、ロンドンのPinewood Studiosでディレクターのケネス・ブラナー氏と撮影カメラマンのハリス・ザンバーラウコス氏と初めて出会った。三人はそこで、35mmアナモルフィックレンズで撮影された「エージェント:ライアン」の簡易編集版を観た。


ピッツィ氏:圧倒されましたよ。スピーディなアクションシーンに溢れていて、ストーリーも素晴らしい。私たちが観た映像はワンライト処理をしたデイリー素材だったので、調和していないショットも多く、シーンによっては変換が原因で色がずれているものもありました。


あわせて読みたい

PRONEWSの記事をもっと見る 2014年1月31日のIT記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース インタビューの主要ニュース

ITニュースアクセスランキング

ITランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

トレンドの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

最新IT業界情報やiPhoneやAndroidやガジェット、話題のサービス、IoT情報、スタートアップにまつわるニュースをお届け中。