DaVinci Resolveカラーグレーディング事例:レディ・アンテベラムのミュージックビデオ「Compass」の場合

Blackmagic Designの発表によると、ロサンゼルスに拠点を置く制作・ポストプロダクション会社、Fisher Film Worksのギャビン・フィッシャー氏が、レディ・アンテベラムのミュージックビデオ「Compass」のカラーグレーディングにDaVinci Resolve 10を使用したという。


動画を見る

レディ・アンテベラムは、過去に7つのグラミー賞を受賞しているカントリーミュージックトリオ。2013年発表のアルバム「Golden」から3枚目のシングルとなった「Compass」のミュージックビデオ制作にあたって、レディ・アンテベラムは、カントリーミュージックのビデオディレクターとして名高い、Taillightのピーター・ザバディル氏を監督に迎えた。


フィッシャー氏:ザバディル監督は、このミュージックビデオを非常に明るく、カラフルで華やかなルックにすることを望んでいたので、私はサチュレーションを限界まで上げました。ライトライティングに使用されたスチルカメラのショットでは、これは問題ありませんでした。


しかし、パフォーマンスのシーンで肌のトーンを損なわずに同様の彩度を得るには、DaVinci Resolveを駆使して、肌のサチュレーションをキーアウトして、トーンを維持する必要がありました。DaVinci Resolveは、私が今までに使用した中で最高のキーヤーですね。


ライトライティングを同ミュージックビデオに組み込むために、アルファベットの全文字がひとつずつ撮影された。しかし、撮影した文字の映像のラフな合成では、文字をクロッピングした境目が目立ってしまい、シームレスなルックが得られなかった。そこでフィッシャー監督はフッテージをDaVinci Resolveに取り込み、クロップせずにDaVinci ResolveのComposite Modeを使用することで、ライトライティングがもともとのフッテージの一部であるかのように見せることができた。


あわせて読みたい

気になるキーワード

  1. 動画 アニメ
  2. 動画 ドラマ
PRONEWSの記事をもっと見る 2014年2月25日のIT記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

「動画 + ドラマ」のおすすめ記事

「動画 + ドラマ」のおすすめ記事をもっと見る

「動画 + アニメ」のおすすめ記事

「動画 + アニメ」のおすすめ記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

ITニュースアクセスランキング

ITランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

トレンドの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

最新IT業界情報やiPhoneやAndroidやガジェット、話題のサービス、IoT情報、スタートアップにまつわるニュースをお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら