NewTek製品事例:「イーグルス・ドラフト・セントラル」ライブストリーミングの場合

NewTek製品事例:「イーグルス・ドラフト・セントラル」ライブストリーミングの場合
米NewTekは、ペンシルベニア州フィラデルフィアに本拠地を置くNFLチーム、フィラデルフィア・イーグルスが運営するPhiladelphiaEagles.comで配信した「イーグルス・ドラフト・セントラル」のライブプロダクションにマルチカメラ・ビデオプロダクションシステムNewTek TriCaster Advanced Editionを使用したことを発表した。

フィラデルフィア・イーグルスは、ペンシルベニア州フィラデルフィアに本拠地を置くNFLチーム。同チームは、既存のイーサネットネットワークを利用して、IPライブプロダクションを実現するネットワークデバイスインターフェイス(NDI)のもと、マルチカメラ・ビデオプロダクションシステムNewTek TriCaster Advanced Editionを使い、数時間にわたる独占報道を行った。

ドラフト報道の一部は、チーム内部のビデオプロダクション部門であるイーグルス・ネットワークが担当し、ファンの要望に応えるために報道範囲を広げた。同番組は3日間のドラフト会議において、チームの本拠地であるノバケア・コンプレックス内にある2施設のスタジオと、スタジアムから離れたリンカーン・ファイナンシャル・フィールド、ドラフトが行われているシカゴのルーズベルト大学内のオーディトリアム・シアターのほか、いくつかの遠隔拠点をつなぎ、スカイプビデオをオンエアソースとして利用可能なNewTek TalkShow VS-100を使って約12時間におよぶ生中継を行った。

あわせて読みたい

PRONEWSの記事をもっと見る 2016年6月20日のIT記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

ITニュースアクセスランキング

ITランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

トレンドの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

最新IT業界情報やiPhoneやAndroidやガジェット、話題のサービス、IoT情報、スタートアップにまつわるニュースをお届け中。