AJA、H.264配信、収録、エンコーディングデバイス「HELO v4.0」の提供開始

AJA、H.264配信、収録、エンコーディングデバイス「HELO v4.0」の提供開始
AJA Video Systems社は、「HELO v4.0」の提供を開始した。以前、2019年5月に提供を開始としていたもの。同社WEBサイトより無償でダウンロード可能。

ファームウェアv4.0では、ストリーミングサービスのカスタマイズ機能が追加され、ライブ配信ワークフローのモニタリングと制御機能が改善された。追加された主な機能は以下の通り。

(以下、プレスリリースより引用)

  • AV Mute:視聴者へのストリーミングを続けながらウェブUI上で切り替え、配信中のビデオとオーディオをミュート可能。オーディオとビデオがミュート状態の場合は、ビデオ入力の代わりにカスタマイズ可能な静止画をエンコードして配信。
  • Event Logging:ウェブブラウザの分割ウィンドウ内のウェブUI上にHELOの全動作が分かるイベントログをエクスポート。または、より詳細な分析と問題への対処が可能な.TXTや.CSVファイルでエクスポート。
  • 対応言語の拡大:HELOのWeb UIを日本語や韓国語で表示。

元の記事を読む

あわせて読みたい

PRONEWSの記事をもっと見る 2019年6月12日のIT記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

ITニュースアクセスランキング

ITランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

トレンドの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

最新IT業界情報やiPhoneやAndroidやガジェット、話題のサービス、IoT情報、スタートアップにまつわるニュースをお届け中。