オリンパス、水深15mの水中撮影が可能なコンパクトデジタルカメラ「OLYMPUS Tough TG-6」を発売

オリンパス、水深15mの水中撮影が可能なコンパクトデジタルカメラ「OLYMPUS Tough TG-6」を発売
オリンパス株式会社は、水深15mの水中撮影が可能でF2.0のズームレンズを搭載したコンパクトデジタルカメラ「OLYMPUS Tough TG-6」を2019年7月下旬に発売する。希望小売価格はオープン、市場想定価格は税別53,000円前後。レッドとブラックの2色展開。

TG-6は、ボディー各部にシーリングを施し、電池蓋など開閉部はダブルロックにすることで、水中撮影も行える水深15mの防水性と砂や埃に強い防塵性を備えている。内部機構を保護するフローティング構造により2.1mからの落下テストもクリアし、最大100kgfの荷重にも耐えるボディーとなっている。さらに-10℃の耐低温性を実現し、ダブルガラス構造で結露にも強い。

開放F2.0のズームレンズに、「Hi-speed裏面照射型CMOSイメージセンサー」を搭載。イメージセンサー上にあるシールガラス両面には新たに反射防止のARコートを施し、ゴーストやフレアの発生を抑えている。画像処理エンジンには、同社の一眼カメラ「OLYMPUS OM-D E-M1X」にも搭載されている「TruePic VIII」を採用。RAWデータでの記録も行え、画像編集ソフトウェア「Olympus Workspace」を使って編集可能。

ARコートイメージレンズ先端から最短1cmまで近づけ、最大撮影倍率7倍を誇る4種類のマクロモード(顕微鏡モード、顕微鏡コントロールモード、深度合成モード、フォーカスブラケットモード)を備えたバリアブルマクロシステムを搭載。通常撮影で使うP/Aモードであっても、最短1cmまでの近接撮影が可能となった。

あわせて読みたい

PRONEWSの記事をもっと見る 2019年6月14日のIT記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

ITニュースアクセスランキング

ITランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

トレンドの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

最新IT業界情報やiPhoneやAndroidやガジェット、話題のサービス、IoT情報、スタートアップにまつわるニュースをお届け中。