Visbit、SaaSプラットフォーム「Visbit VR Theatre」のアップデートを発表。12K VRビデオをサポート

Visbit、SaaSプラットフォーム「Visbit VR Theatre」のアップデートを発表。12K VRビデオをサポート
Visbitは、VRビデオをさまざまなビジネスや組織向けの販売および教育ツールに変換するSaaSプラットフォーム「Visbit VR Theatre」のメジャーアップグレードを発表した。

同アップグレードにより、Visbit VR Theatreの最大サポートビデオ解像度が8Kから12Kとなり、Viveportアプリにキオスクモードとシアターモードが追加され、Visbit VR Theatreのフル機能セットがHTC Vive Focus、Pico G2、Pico G2 4Kヘッドセットで使用できるようになった。

12Kの解像度は11520x5670で、8Kまたは4Kの解像度と比較すると、32Mまたは8Mピクセルに対して12Kでは72Mピクセルとなる。視聴者の目には、視野がVRでは約100°しかないことを考慮すると、12KのVRビデオでは1眼あたり2.5~3Kの解像度が得られる。VRで真の網膜のような体験を実現するには、ビデオの解像度を少なくとも16Kにする必要があり、これはまだ数年先の話だとしている。

12KのサポートはVisbitのViveportアプリでのみ提供され、Vive FocusとPico G2またはG2 4Kのユーザーに提供される。同社の公式Webサイトで入手可能なVisbit VR Theatreの無料試用版で試すことも可能だ。Oculus Goに対する12Kのサポートも予定している。同社はOculus Questのサポートにも取り組んでいる。

また、12Kの再生だけでなく、ズーム機能にも対応。視聴者がコントローラーのトリガーを握っているとき、ズーム機能は視聴者の位置を被写体領域に近づけることができ、トリガーを放すとビューアは球の内側の通常の位置にズームアウトされる。

その他にも、解像度のアップグレードに加えて、同社はViveportストアのVisbit Premium Playerにキオスクモードとシアターモードを追加し、これらの再生機能をVive FocusとPicoのユーザーが利用できるようになった。

元の記事を読む

あわせて読みたい

気になるキーワード

PRONEWSの記事をもっと見る 2019年6月18日のIT記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

次に読みたい関連記事「MR」のニュース

次に読みたい関連記事「MR」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「AR」のニュース

次に読みたい関連記事「AR」のニュースをもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

ITニュースアクセスランキング

ITランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

トレンドの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

最新IT業界情報やiPhoneやAndroidやガジェット、話題のサービス、IoT情報、スタートアップにまつわるニュースをお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら