[InterBEE2019]ソニー、InterBEE2019出展概要を発表。IPを活用したソリューションや、4K/HDR高画質映像制作機器を提案

[InterBEE2019]ソニー、InterBEE2019出展概要を発表。IPを活用したソリューションや、4K/HDR高画質映像制作機器を提案
拡大する(全1枚)
ソニーは、2019年11月13日から15日の期間中に千葉・幕張メッセで開催される国際放送機器展「Inter BEE 2019」に出展する(ホール6/No.6113)。

同社ブースでは、「ともに創る。ともに進む。」をテーマに、昨年から実用放送の始まった4Kや8K映像をはじめとした高付加価値の映像を効率的に制作するソリューションを幅広く提案するとしている。

ブースでは、IPを活用した効率的な映像制作ソリューションやライブ制作から映画・CM・ドキュメンタリーなどの番組制作に至るまで各分野で活用されるカメラ商品群の最新の取り組みを紹介。また、これまで培ってきた映像制作分野での知見とAI技術を生かした新しいソリューションも展示している。ブースには、大画面9.7m×5.4mのCrystal LEDディスプレイシステム(8K×4K構成)を設置し、リアリティーあふれる8Kコンテンツなどを上映している。

(以下、プレスリリースより引用)


1. IP Live プロダクションシステムを中心としたライブソリューションを拡充ソニーは、4Kライブ映像の効率的な制作を実現すべく、映像や音声、同期信号などの伝送を一括してIPネットワーク上で行う「IP Live プロダクションシステム」を推進しています。システム全体を制御するIP Live システムマネージャーにくわえて、独自開発のIP伝送技術「ネットワーク・メディア・インターフェース」に対応したSDI-IP変換ボード、システムカメラ、スイッチャー、リプレイサーバーなど幅広い対象機器を展示し、これらを100Gのネットワーク回線※1で接続した4Kリモートプロダクションの実演を行います。また、新商品としては、より大規模な放送システムのIP化対応のニーズの高まりに応え、複数機器の統合的な制御や監視を実現するソリューションとして「Live Element Orchestrator(ライブエレメントオーケストレーター)」を国内市場に展開し、ブースでも展示します。

当時の記事を読む

PRONEWSの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

トレンドニュースランキング

トレンドランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2019年11月13日のIT記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

最新IT業界情報やiPhoneやAndroidやガジェット、話題のサービス、IoT情報、スタートアップにまつわるニュースをお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。