アストロデザイン、「“さっぽろ雪まつり”8K非圧縮映像伝送実験」に参加

アストロデザイン、「“さっぽろ雪まつり”8K非圧縮映像伝送実験」に参加
アストロデザイン株式会社は、国立研究開発法人 情報通信研究機構 総合テストベッド研究開発推進センターが主催する「“さっぽろ雪まつり”8K非圧縮映像伝送実験」に参加したことを発表した。

同実験は、NICTと産学官57組織が技術や人材、機材を持ち寄り、札幌・大阪・東京・沖縄などの複数拠点を結び、通信・映像に関する技術検証を中心として行われたもの。フル解像度8K映像(YUV4:2:2 10bit)を非圧縮で遠隔伝送し、大型プロジェクタによる3D映像再現に成功したという。同実験の使用機材は以下の通り。

(以下、プレスリリースより引用)

  • マルチユース8Kカメラ「CM-9010-B」
  • Tamazone Workstation「AW-8800」
  • 8Kプロジェクタ「INSIGHT Laser 8K Imaging by ASTRO」
札幌会場札幌会場では、3D投影の際に必要な右(R)チャンネルと左(L)チャンネルとなる映像を2台の8Kカメラで撮影。2台のカメラ設置位置は雪像との視差角と距離から算出する。同時にTamazone Workstationへの非圧縮収録を行い、雪像のプロジェクションマッピングが行われていない時間帯にループ再生を行った。非圧縮8K映像のIP伝送には1映像素材あたり48Gbps(ヘッダによるオーバーヘッドを含む約51Gbps)の帯域が必要となるため、100Gbps回線を2本使い伝送した(一部区間は光伝送装置による光波長多重)。

大阪会場大阪会場では、8KプロジェクタINSIGHT Laser 8K Imaging by ASTROを用いて非圧縮8K3Dパブリックビューイングを実施。フレームシーケンシャル方式により、秒間120フレームをL、Rチャンネル交互(Rチャンネル60p、Lチャンネル60pで合計120p)に投影し、鑑賞時には偏光3Dメガネを着用することで超大画面での立体映像を実現している。

元の記事を読む

あわせて読みたい

PRONEWSの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

ITニュースアクセスランキング

ITランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年3月27日のIT記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

最新IT業界情報やiPhoneやAndroidやガジェット、話題のサービス、IoT情報、スタートアップにまつわるニュースをお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。