ソニー、XAVC S、XAVC HSのビューイングやクリップ管理を行うPCアプリケーション「Catalyst Browse Version 2020.1」などを提供開始

ソニー、XAVC S、XAVC HSのビューイングやクリップ管理を行うPCアプリケーション「Catalyst Browse Version 2020.1」などを提供開始
       
Catalyst Browseの画面ソニーは、同社製カメラで撮影したXAVC S、XAVC HSのビューイングやクリップ管理をするためのPCアプリケーション「Catalyst Browse Version 2020.1」の無償提供を開始した。また、Browseの機能に加えて簡単なタイムライン編集などが行える「Catalyst Prepare Version 2020.1」の有償提供も開始した。

同バージョンから、撮影時の手ブレ補正メタデータを利用した高速・高精度な手ブレ補正機能が「α7S III」「α7C」「RX0 II」「RX100 VII」「Vlogcam ZV-1」でも利用可能となった。同アプリケーションの対象OSは、OS Windows 10およびmac OS 10.13, 10.14, 10.15。

Catalyst Browse(無償)
Catalyst Prepare(有償)

元の記事を読む

当時の記事を読む

PRONEWSの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

トレンドニュース

トレンドランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年12月1日のIT記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

最新IT業界情報やiPhoneやAndroidやガジェット、話題のサービス、IoT情報、スタートアップにまつわるニュースをお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。