ニコン、「NIKKOR Z 400mm f/2.8 TC VR S」発売。Zマウント、1.4倍テレコンバーター内蔵の大口径超望遠単焦点レンズ

ニコン、「NIKKOR Z 400mm f/2.8 TC VR S」発売。Zマウント、1.4倍テレコンバーター内蔵の大口径超望遠単焦点レンズ
拡大する(全1枚)
ニコンイメージングジャパンは、2021年10月28日に開発発表を行った、「ニコン Z マウント」を採用したフルサイズ(ニコンFXフォーマット)ミラーレスカメラ対応の大口径超望遠単焦点レンズ「NIKKOR Z 400mm f/2.8 TC VR S」を2022年2月18日に発売する。希望小売価格は、税込2,013,000円。

NIKKOR Z 400mm f/2.8 TC VR Sは、高い光学性能を追求する「S-Line」に属するNIKKOR Z レンズ初の超望遠レンズ。開放F値2.8ならではの、立体感のある自然なボケと高い解像力を両立し、臨場感あふれる描写を実現できる。

さらに、反射防止効果を持つ新開発のコーティング「メソアモルファスコート」を採用することで、あらゆる方向からの入射光に対して優れた反射防止性能を発揮。ゴーストやフレアの発生しやすいシチュエーションでも、クリアーな画像が得られるとしている。

AF駆動用モーターには、新開発「シルキースウィフトVCM(ボイスコイルモーター)」を搭載し、高速で高精度、かつ静粛を同時に実現したAF制御が可能。焦点距離を1.4倍に拡大するテレコンバーターを内蔵し、1本で400mmと560mmの焦点距離に対応。質量は持ち運びを考慮し、約2950gの軽量化を実現している。幅広いシーンで高い機動力を発揮し、プロフェッショナルフォトグラファーの映像表現をサポートするとしている。

元の記事を読む

編集部おすすめ

当時の記事を読む

PRONEWSの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

「VR」に関する記事

「VR」に関する記事をもっと見る

次に読みたい「VR」の記事

次に読みたい「VR」の記事をもっと見る

ITニュースランキング

ITランキングをもっと見る
お買いものリンク