Blackmagic Design導入事例:ドラマシリーズ「The Gilded Age」の場合
拡大する(全4枚)
Blackmagic Designによると、HBOのドラマシリーズ「The Gilded Age」のVFXに、Blackmagic URSA Mini Pro 12Kが使用されたという。VFX監督のレズリー・ロブソン=フォスター氏はまた、1882年のニューヨークシティを舞台としたこの時代劇で、Blackmagic Pocket Cinema Camera 6Kをウィットネスカメラとして使用した。

「The Gilded Age」は、大きな変革と富の時代にあるアメリカ社会を背景に、世襲制の資産家である"オールドマネー"と、新興の成功者である"ニューマネー"との対立を描いている。クリスティーン・バランスキー、シンシア・ニクソン、キャリー・クーン、ルイーザ・ジェイコブソンらが出演する「The Gilded Age」は、社会的な戦いの中心であるヴァン=ライン家とラッセル家を軸に展開していく。

9つのエピソードで構成される同シリーズにおいて、VFXチームは1,500ものVFXショットを作成。1880年代の時代を反映した街並みから、列車の事故、満員の音楽ホールのコンサート、フェリー乗り場まで、あらゆるシーンを網羅している。ロブソン=フォスター氏は次のようにコメントしている。

ロブソン=フォスター氏:このプロジェクトは、多くがバーチャルであるという意味で非常にユニークですね。入り口など、ほんの一部だけを物理的なセットにして、完全なグリーンバックで撮影した大規模なシーンも多いですね。

ハイライトは、ヴァン=ライン家とラッセル家が住んでいた、ニューヨークシティの5番街とマディソンアベニューの間にある61番街の作成でした。このストリートを実際に物理的に構築し、その後コンピューターグラフィックでバーチャルに仕上げました。このシーンでは、セントラルパークに面した風景のプレートを撮影する必要があったので、Blackmagic URSA Mini Pro 12Kを使い、Blackmagic RAWで撮影しました。

コロナ禍のため、多くの夏のシーンを冬に撮影したので、木のプレートの撮影も多かったですね。CGの木も使いましたが、間違いなくプレートを使って合成する方が良かったです。


この記事の画像

「Blackmagic Design導入事例:ドラマシリーズ「The Gilded Age」の場合」の画像1 「Blackmagic Design導入事例:ドラマシリーズ「The Gilded Age」の場合」の画像2 「Blackmagic Design導入事例:ドラマシリーズ「The Gilded Age」の場合」の画像3 「Blackmagic Design導入事例:ドラマシリーズ「The Gilded Age」の場合」の画像4