ドーナッツロボティクス、翻訳可能なスマートマスク「C-FACE」をウクライナ大使館へ寄付
拡大する(全2枚)
ドーナッツロボティクス社は、日本に避難してきたウクライナ難民の人々の日本生活のQOLを向上させるため、同社が販売している翻訳可能なスマートマスク「C-FACE」120個を、在日ウクライナ大使館を通じて無償で提供する。

今回の戦争により、ウクライナから離れた人々が国外の避難先で言語の問題に苦しんでいるとの報道が多数なされている。ドーナッツロボティクス社は広告にウクライナ人モデルを起用した経緯もあり、日本のテクノロジーで国外避難生活の言語問題をサポートするとしている。

元の記事を読む

この記事の画像

「ドーナッツロボティクス、翻訳可能なスマートマスク「C-FACE」をウクライナ大使館へ寄付」の画像1 「ドーナッツロボティクス、翻訳可能なスマートマスク「C-FACE」をウクライナ大使館へ寄付」の画像2