イメージニクス、4K HDMI対応マトリックススイッチャー「US-88」発売
拡大する(全2枚)
イメージニクス株式会社は、4K HDMI対応マトリックススイッチャー「US-88」を2022年5月に発売する。希望小売価格は税込363,000円。

US-88は、HDMI 2.0/1.4およびHDCP 2.2/1.4規格に準拠した4K HDMI信号対応の8入力8出力マトリックススイッチャー。HDMI出力端子毎の4K映像からフルHD映像へのダウンコンバート機能で既存のフルHDのモニターに4K素材を映し出すことが可能。

アナログ音声のデエンベデット機能も任意の指定した出力チャンネルの音声を取り出す出力連動型と、任意の指定した入力チャンネルの音声を取り出す入力選択型のデエンデベッド動作モードの選択設定ができる。

各入力にはEDIDデータのエミュレーション機能やケーブル補償機能を内蔵しており、イメージニクス社の扱う長尺HDMIケーブルを使用し、4K映像の時は最長10m、フルHD映像の時は最長30mまでのケーブル補償が可能。外部制御はLAN端子からのテキストコマンド制御にて可能だ。

また、クロスポイントメモリー機能も搭載しており、8パターンのメモリーを前面パネル操作でも外部制御でも呼び出せるという。

元の記事を読む

この記事の画像

「イメージニクス、4K HDMI対応マトリックススイッチャー「US-88」発売」の画像1 「イメージニクス、4K HDMI対応マトリックススイッチャー「US-88」発売」の画像2