THINGMEDIA、バックオフィスサポートサービス「AIBOW」β版ローンチ
拡大する(全2枚)
THINGMEDIA株式会社は2022年5月17日、「AIBOW」β版をローンチした。

AIBOWは映像制作会社の面倒な経費精算やルーティンワークなどを、経理のプロがオンラインでサポートするサービスだ。煩雑なバックオフィス作業をプロの担当者が請け負うため、その時間を別のクリエイティブや本来の業務に使えるようになるという。

同社では、かねてより創造性が求められるクリエイターやプロデューサー自身が、事業やクリエイティブに集中できる環境で活躍できるようバックオフィスの仕組み化を進めていた。今回、社外でも同様の体制で伴走できる環境を構築できたとして、β版のサービス提供を開始したという。

ビジネスチャットツール「Slack」を介してコミュニケーションすることでスムーズな連携を実現し、業務の効率化を図る。決算などのタイミングに合わせて変動する作業量にも、フレキシブルに対応するという。不正利用やセキュリティ対策のため、重要書類等は金庫で保管するなど厳重に扱うとしている。

撮影資材の仕入れや移動費など細かい取引も多い映像業界で、煩雑なバックオフィス業務の効率化や経営状況の可視化をサポートするという。

元の記事を読む

この記事の画像

「THINGMEDIA、バックオフィスサポートサービス「AIBOW」β版ローンチ」の画像1 「THINGMEDIA、バックオフィスサポートサービス「AIBOW」β版ローンチ」の画像2