Blackmagic Design導入事例:バイラル動画「Trapped in a First Person Video Game」の場合
拡大する(全4枚)
Blackmagic Designによると、ライブアクション/VFX制作会社であるSoKrispyMediaが、DaVinci Resolve Studio 18編集/カラーグレーディング/VFX/オーディオポスト・ソフトウェアおよびBlackmagic Cloudを使用して、最新のバイラル動画、「Trapped in a First Person Video Game」を作成したという。

SoKrispyMediaは、「Chalk Warfare」などの大ヒットバイラル動画や、YouTuberのMrBeastによる「イカゲーム」の再現動画に協力したことで知られており、最先端のテクノロジーやイノベーションに精通している。人気ゲーム「ダイイングライト2 ステイ ヒューマン」をベースとした同社の最新の作品には、ライブアクション、VFX、実際のスタントが含まれており、わずか6週間で制作された。

監督でありVFXデザイナーであるサム・ヴィケルト氏は、同プロジェクトのほとんどを、Blackmagic URSA Mini Pro 4.6K G2デジタルフィルムカメラで撮影した。さらに、メディアの読み込みから、編集・カラーの作業まで、ポストプロダクションでは、現在ベータ版であるDaVinci Resolve Studio 18を使用した。ヴィケルト氏は次のようにコメントしている。

ヴィケルト氏:この12分の作品を6週間という期間で制作するのは非常に大変なことだったので、単一のソフトウェアですべての作業ができることは、ありがたかったですね。テイクの選択、編集の構成、オーディオ、VFX、カラーなどのポストプロダクションのあらゆるステージを考慮すると、様々なソフトを使いこなす時間はほとんどありません。


この記事の画像

「Blackmagic Design導入事例:バイラル動画「Trapped in a First Person Video Game」の場合」の画像1 「Blackmagic Design導入事例:バイラル動画「Trapped in a First Person Video Game」の場合」の画像2 「Blackmagic Design導入事例:バイラル動画「Trapped in a First Person Video Game」の場合」の画像3 「Blackmagic Design導入事例:バイラル動画「Trapped in a First Person Video Game」の場合」の画像4