キヤノン、暗所や明暗差のある環境下にも強いネットワークカメラ6機種発売
拡大する(全2枚)
キヤノンは、低照度性能や広いダイナミックレンジを実現したネットワークカメラの新製品として、「VB-H47/VB-M46」など6機種を2022年5月下旬より順次発売する。新製品6機種は、高性能PTZ(パン、チルト、ズーム機能)モデル「VB-H47/VB-M46」と屋内・屋外小型モデル「VB-S32VE/VB-S32D/VB-S820D/VB-S920F」。6機種の希望小売価格はオープン。各機種の発売時期は以下の通り。

  • VB-S820D/VB-S920F:2022年5月下旬発売
  • VB-H47/VB-M46/VB-S32VE/VB-S32D:2022年8月下旬発売
ネットワークカメラは、街・店舗の防犯や高齢者の見守りなど社会の安全・安心をはじめ、生産現場における品質確認など、さまざまな場面で活用されている。また、スマートシティやDXを推進する上で、撮影した映像とAI解析アプリケーションを組み合わせた活用も身近になっている。このような活用事例では十分な解析精度を得るために、より高い映像品質が求められているという。

新製品6機種はいずれも新高感度CMOSセンサーを採用し、レンズをはじめキヤノンの光学技術との融合で最低被写体照度の向上を実現したという。中でも「VB-H47/VB-M46」のカラー撮影における最低被写体照度は従来機種の0.05ルクスから0.02ルクスに向上。星明かり程度の暗い環境下においても、ノイズの少ない映像で細部までクリアに認識することができ、夜間警備などで効果を発揮するとしている。

低照度性能比較イメージ(左:新製品、右:従来製品)0.03ルクスの環境下で撮影新製品は新エンジンを採用し、配信可能な映像のフレームレートは従来の30fpsから最大60fpsに向上。動画圧縮規格「H.265」「H.264 Highプロファイル」にも新たに対応し、高画質な映像もデータ容量を抑えて配信できる。また、広いダイナミックレンジを実現し、明暗差の大きい建物の出入口などでも黒つぶれや白とびを抑えた鮮明な映像が撮影可能だという。

元の記事を読む

この記事の画像

「キヤノン、暗所や明暗差のある環境下にも強いネットワークカメラ6機種発売」の画像1 「キヤノン、暗所や明暗差のある環境下にも強いネットワークカメラ6機種発売」の画像2