アドビとマイクロソフトが提携。ビジネス環境でFrame.ioとTeamsが使用可能に!
拡大する(全1枚)
アドビはMicrosoft Buildにおいて、より優れた働き方の実現に向けたマイクロソフトとの提携による最新の成果を発表した。アドビはビジネスプロセスやインテリジェントな自動化における新たな発展を通じて、チームワーク、コラボレーション、効率を向上させるテクノロジーを集約したモダンワークエクスペリエンスを提供し続けるとしている。


TeamsでAcrobatの新機能とAcrobat Signの利用が可能にアドビは、ユーザーが異なるアプリケーションやユーザーインターフェイス間を切り替えたり、個別にログインしたりすることなく、Microsoft TeamsプラットフォームでのPDFの編集、コメント追加、変換、署名、コラボレーションをより充実し、かつ効率的でパーソナライズされた方法で行えるよう、改良を重ねているという。

Acrobat for Teamsでは、シングルサインオン(SSO)を可能にしたほか、最近使用した文書やツール、コラボレーションを1箇所で確認できるパーソナルタブを導入した。これらの新機能はAcrobat Sign for Teamsでも使用でき、Teams通知からの署名も可能。作業途中でわざわざブラウザやアプリケーションを開かなくても、文書に即座に署名できるようになった。


Frame.ioによるLive Shareのテクノロジープレビューアドビ傘下となったFrame.ioが、Live ShareとFrame.ioの統合についてBuildで説明する。この統合でFrame.ioとMicrosoft Teamsを組み合わせることで、進行中の作業のレビューを相互に同期が可能。今後の製品では、複数の参加者がTeamsを通じてミーティングをしながら、全員のシステムでビデオ映像を同期してFrame.ioからコンテンツを同時にレビューできるようになる。