YoloLiv、YoloBox Pro v1.8.0リリース。10個以上のビデオソース、外付けドライブとオーディオミキサー用のUSBC、オーバーレイの自動非表示などを追加
拡大する(全6枚)
YoloLivは、YoloBox Proのアップデートv1.8.0をリリースした。新機能は以下の通り。


10個以上のビデオソースの切り替えが可能に(従来は6個)YoloBox Proは、これまで最大6個のビデオソースのみのサポートだったが、同アップデートで10個以上のビデオソースに対応可能となった。10個以上のビデオソースを自由に切り替えて使用できる。


マルチビュー作成機能(PiP、Side-By-Sideなど、各2つまで)これまで、マルチビューを複数作成し、テンプレートを増やすだけでなく、複数回使用できるようにしてほしいという要望が多く寄せられていたという。v1.7.0で最初の機能がリリースされ、今回は2番目となる機能がリリースされた。PiP、Side-By-Side、Split View、News Layout、Tripleなど、各マルチビューテンプレートに2つずつ対応する。したがって、合計10個のマルチビューを持つ。


USB-Cの外付けUSBドライブ(ストレージまたは追加ソース/オーバーレイ用)ストレージ、ビデオソース、グラフィックオーバーレイ用に、外付けUSBドライブのサポートを追加した。


USB-C「RODECaster Pro」や一部のオーディオミキサーに対応USB-C端子がオーディオミキサーからの音声入力に対応。「RODECaster Pro」が最適で、USB-Cともに動作確認済み。ただし、UBS-AとUSB-Cの同時使用はできない。

この記事の画像

「YoloLiv、YoloBox Pro v1.8.0リリース。10個以上のビデオソース、外付けドライブとオーディオミキサー用のUSBC、オーバーレイの自動非表示などを追加」の画像1 「YoloLiv、YoloBox Pro v1.8.0リリース。10個以上のビデオソース、外付けドライブとオーディオミキサー用のUSBC、オーバーレイの自動非表示などを追加」の画像2 「YoloLiv、YoloBox Pro v1.8.0リリース。10個以上のビデオソース、外付けドライブとオーディオミキサー用のUSBC、オーバーレイの自動非表示などを追加」の画像3 「YoloLiv、YoloBox Pro v1.8.0リリース。10個以上のビデオソース、外付けドライブとオーディオミキサー用のUSBC、オーバーレイの自動非表示などを追加」の画像4
「YoloLiv、YoloBox Pro v1.8.0リリース。10個以上のビデオソース、外付けドライブとオーディオミキサー用のUSBC、オーバーレイの自動非表示などを追加」の画像5 「YoloLiv、YoloBox Pro v1.8.0リリース。10個以上のビデオソース、外付けドライブとオーディオミキサー用のUSBC、オーバーレイの自動非表示などを追加」の画像6