タムロン、APS-Cサイズミラーレス一眼カメラ用大口径標準ズームレンズ「17-70mm F/2.8 Di III-A VC RXD」富士フイルムXマウント用発売
拡大する(全1枚)
タムロンは、APS-Cサイズミラーレス一眼カメラ対応の富士フイルムXマウント用大口径標準ズームレンズ「17-70mm F/2.8 Di III-A VC RXD(Model B070)」(以下:Model B070)を2022年7月8日に発売する(今後の新型コロナウイルス感染症の影響により、発売時期見直しや供給が遅れる可能性あり)。希望小売価格は税込107,800円。

Model B070は、同社APS-Cサイズミラーレス一眼対応のソニーEマウント用レンズとして2021年1月14日に発売した、17-70mm F/2.8 Di III-A VC RXD(Model B070)の富士フイルムXマウント用。

大口径F2.8標準ズームレンズで17-70mm(35mm判換算:25.5-105mm相当)、ズーム比4.1倍を実現。レンズ構成は12群16枚。2枚のGM(ガラスモールド非球面)レンズと、1枚の複合非球面レンズをバランスよく配置したことで、中心から周辺に及ぶ画面全域において高い解像性能を維持しているという。

タムロン独自開発の手ブレ補正機構VC(Vibration Compensation)を搭載しながらも小型軽量ボディとなっている。独立した専用のMPU(マイクロプロセッサ)を搭載したことにより、高い補正効果を発揮。ボディ内手ブレ補正搭載、非搭載のどちらのカメラに装着してもこの補正効果を得られるという。また、AI(