エーディテクノ、AVMATRIX 12G-SDIシリーズ「SD1121-12G」発売。リクロック搭載の12G-SDI 2分配器
拡大する(全1枚)
株式会社エーディテクノは、MATRIX ELECTRONIC TECHNOLOGY社(以下:AVMATRIX)の12G-SDIシリーズから、リクロック搭載12G-SDI 2分配器「SD1121-12G」を2022年7月22日に発売する。希望小売価格は税込36,850円。

リクロック搭載12G-SDI 2分配器は、入力された12G-SDI信号を2分配出力する分配器。リクロック機能を搭載し、12G-SDIで最長80mまでのケーブル補償に対応する。入力信号はSMPTE規格に準拠した12G-SDIまでの信号に対応するほか、DVB-ASIにも対応。また、入力信号に重畳されるタイムコードデータやエンベデッドオーディオデータは、すべての出力端子にそれぞれ分配出力される。

SDI入力端子側のリクロック機能により、入力された信号はイコライズ処理でジッターを取り除き、ケーブル伝送中に減衰したSDI信号を12G-SDIで最長80mまで自動補償し、正常な状態で受信が可能だ。また、SDI出力端子側にはドライバチップを搭載。入力側でクリーンに処理されたSDI信号をドライバチップによりクロック補正とリタイミングされた状態で出力される。

電源入力はDC5V/1Aに対応。付属のUSB ACアダプターのほか、市販のUSB 5V/1A以上でのmicro USB給電にも対応する。筐体に取付可能な専用マウントブラケットが標準で付属。専用マウントブラケットを使えば、壁面や市販のディスプレイへ簡単に本機を取り付ら可能だ。

AVMATRIX 12G-SDIシリーズは、12G-SDIにて安定した信号品質が必要となる医療設備、放送局やライブ会場はもちろんのこと、イベント会場、スタジオ、工場など様々な現場でのソリューション利用に最適だとしている。

元の記事を読む