disguise、無限に拡張可能なメディアサーバー「vx 4+」発表
拡大する(全3枚)
disguiseは、無限に拡張可能な新しいフラッグシップメディアサーバー「vx 4+」を発表した。

世界最大級かつ高い技術が求められるバーチャルプロダクションやコンサートやイベントの演出、プロジェクションマッピング、インスタレーション向けに設計されており、コンテンツの品質と再生性能を最大限に高めたという。

disguise vx 4+は、豊富な入出力をもち、前モデル「vx 4」と比較して、さらに2倍のビデオレイヤーを処理可能。ストレージ性能を高めて最大で100GbEの帯域幅による高解像度のライブビデオに対応するなど、ビデオプロセッシングを大幅に改善している。

12G-SDI入力など、各種入出力も充実。オプションのVFCカードで出力フォーマットが選択可能disguiseの最高製品責任者レード・アル・ティクリティ氏は次のようにコメントしている。

映像プロダクション、インスタレーション、プロジェクションマッピング、大規模なショーの制作チームは常にクリエイティブのハードルを超えるための努力を続けており、多くのチームが新しい技術やワークフローを試し、ゲームエンジンなどのリアルタイムCGを使用したり、複雑なシステムを構築してスケールの拡大を行なっています。このようにクリエイティブへの野心が高まるにつれ、低レイテンシーで大規模なコンテンツを確実に再生することは依然として課題となっています。

disguise vx 4+は、大規模な帯域幅を必要とする高画質で多チャンネルのビデオ処理にも対応できる超信頼性の高性能サーバーに対する差し迫ったニーズに対応するものです。今日のニーズに対する我々のチームの深い理解に基づいて構築されたvx 4+は、お客様に最先端の技術を提供し、disguiseモジュラーエコシステムと連携して、お客様のプロダクションに最も信頼性が高く効果的なソリューションを提供します。


この記事の画像

「disguise、無限に拡張可能なメディアサーバー「vx 4+」発表」の画像1 「disguise、無限に拡張可能なメディアサーバー「vx 4+」発表」の画像2 「disguise、無限に拡張可能なメディアサーバー「vx 4+」発表」の画像3