ジャパンマテリアル、4K入出力マルチディスプレイコントローラー「GeoBox G902/G904」発売
拡大する(全2枚)
ジャパンマテリアル株式会社は、同社が取り扱う台湾VNS社開発のマルチディスプレイコントローラー「GeoBox G902」および「GeoBox G904」を2022年6月22日に発売する。希望小売価格はオープン、市場想定価格はGeoBox G902が税込286,000円、GeoBox G904が税込418,000円。

同製品は4K入出力に対応したマルチディスプレイコントローラー。PCやサイネージプレーヤーなどのHDMI出力端子搭載ソース機器から出力された4K/60Pまでの映像を、複数のHDMI表示機器にまたがって分割表示や回転表示できる。ソース機器・表示機器ともに機種を問わずマルチスクリーンを実現でき、ソース機器に負荷をかけることなく運用できるという。GeoBox 902は2出力、Geobox G904は4出力に対応している。

1つの映像ソースを複数のHDMI表示機器にまたがって分割表示する(マルチ表示)だけではなく、表示機器ごとに異なる映像ソースを表示すること(シングル表示)も可能だという。分割出力機能(マルチディスプレイ機能)を搭載し、入力した画像を縦横最大15分割して、任意の部分のみの出力も可能だ。出力先ごとにオリジナル映像の反転(左右、上下、左右+上下)表示もできる。

また、入出力パターンのメモリー機能があり、最大10通りの入出力パターンを記憶。それらのパターンを呼び出して表示できるという。

元の記事を読む

この記事の画像

「ジャパンマテリアル、4K入出力マルチディスプレイコントローラー「GeoBox G902/G904」発売」の画像1 「ジャパンマテリアル、4K入出力マルチディスプレイコントローラー「GeoBox G902/G904」発売」の画像2