アップル、新型MacBook Airを7月8日から注文受付開始。M2チップ搭載モデル
拡大する(全6枚)
アップルは、M2チップ搭載の新型MacBook Airの注文受付を2022年7月8日(日本時間午後9時)に開始する。7月15日出荷開始予定。希望小売価格は税込164,800円~、学生・教職員価格は税込150,800円~。以前、7月に一部のApple Storeとアップル製品取扱店で販売開始としていたもの。


MacBook Air性能概要 M2搭載MacBook Airは、さらにパワフルになった8コアCPUと最大10コアのGPUを搭載。100GB/sのユニファイドメモリ帯域幅を実現し、最大24GBの高速ユニファイドメモリに対応しているため、マルチタスクから魅力的な画像の作成まで、規模が大きく、複雑なワークロードも速くこなせるようになるという。

また、ハードウェアアクセラレーションによるエンコードとデコード向けに、次世代のメディアエンジンProResビデオエンジンも追加されたため、これまでより多くの4Kおよび8Kのビデオストリーム再生が可能だとしている。

Final Cut Proでの複雑なタイムライン編集のような負荷の高いワークロードは、前世代より約40%高速化。Photoshopのようなアプリケーションでのフィルタやエフェクトの適用は、これまでより最大20%高速化するという。

ディスプレイが大きくなり、パフォーマンスを向上させつつ、1日中使用できるバッテリー駆動時間と、最大18時間のビデオ再生を提供するとしている。

この記事の画像

「アップル、新型MacBook Airを7月8日から注文受付開始。M2チップ搭載モデル」の画像1 「アップル、新型MacBook Airを7月8日から注文受付開始。M2チップ搭載モデル」の画像2 「アップル、新型MacBook Airを7月8日から注文受付開始。M2チップ搭載モデル」の画像3 「アップル、新型MacBook Airを7月8日から注文受付開始。M2チップ搭載モデル」の画像4
「アップル、新型MacBook Airを7月8日から注文受付開始。M2チップ搭載モデル」の画像5 「アップル、新型MacBook Airを7月8日から注文受付開始。M2チップ搭載モデル」の画像6