[CEATEC2012]Vol.01 映像業界が担うデバイスやインターフェースの未来を見る

[CEATEC2012]Vol.01 映像業界が担うデバイスやインターフェースの未来を見る

10月2日から千葉県千葉市の幕張メッセでITとエレクトロニクスの総合展「CEATEC JAPAN 2012」が始まった。10月2日が特別招待日で、10月3日から10月6日まで一般公開される予定だ。CEATECというと日本の家電メーカーが一堂に会する国内最大のITとエレクトロニクスの展示会で、国内において液晶テレビなどの家電の新製品を実際に見たり一足先の最新技術を知りたいならばこのイベント以上のものはないといっていいだろう。特に映像制作に関わるならば、液晶テレビや携帯電話といった機器が今後どのような方向で進んでいくのか知っておいて損はないはずだ。会場で展示された最新の機材や業界動向をさっそくレポートしよう。



見どころは4Kのラインナップの充実

昨年のCEATECでもっとも話題になったのは、開催前日に発表された東芝のグラスレス3D対応4K液晶テレビ「55X3」だ。民生向けテレビとしては世界初の3840×2160ピクセルを実現した4K対応液晶テレビで、同時期に発表されたソニーの4K対応ビデオプロジェクター「VPL-VW1000ES」と共に家庭用ホームシアターに4Kを開幕させたマイルストーン的な存在となった製品だ。それから1年が経過して、今年のCEATECでは各メーカーがどのように4Kの試作や製品を展示するかが注目だ。



TOSHIBA東芝ブースの様子。メインはデジタルプロダクツではなく、ステージはスマート家電関連の「スマートホーム」を展示

あわせて読みたい

気になるキーワード

PRONEWSの記事をもっと見る 2012年10月3日のIT記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

次に読みたい関連記事「家電」のニュース

次に読みたい関連記事「家電」のニュースをもっと見る

新着トピックス

ITニュースアクセスランキング

ITランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

トレンドの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

最新IT業界情報やiPhoneやAndroidやガジェット、話題のサービス、IoT情報、スタートアップにまつわるニュースをお届け中。