[SXSW2018]Vol.01 汗をかくほどソニーを楽しむ!SXSW 2018 Sony WOW Studio初日一番乗り体験レポート

[SXSW2018]Vol.01 汗をかくほどソニーを楽しむ!SXSW 2018 Sony WOW Studio初日一番乗り体験レポート
txt:西村真里子 構成:編集部
眠っている能力が拡張される感覚!ソニーの体験型ブース“WOW Studio”昨年よりSXSWで大規模に展開しているソニーの体験型ブース“WOW Studio”(ワオスタジオ)。製品になる前の研究開発段階のテクノロジーを活用し「体験」を思う存分楽しめる当企画は昨年よりもさらにエリアを広げ、SXSWに沸くテキサスオースティンの街でも存在感を示している。会場となるのはウェアハウス跡地。ファクトリー感溢れる会場で世界中の人々を「ワオ!」と驚かせる企画は全部で10個ある。ソニーのテクノロジーが展示されているのはもちろん世界で活躍するクリエイティブチーム、クリエイターとのコラボレーションも多く見られた。文字通り汗をかくほど体をつかい楽しんだ体験したてホヤホヤのレポートを現地からお届けする。


キュートなアイボとハローが来場者をウェルカム!入ってすぐに出迎えてくれるのがソニーの「AI×ロボティクス」の花形であるエンタテインメントロボット“aibo”とコミュニケーションロボット「Xperia Hello!(エクスペリア ハロー)」だ。

エクスペリア ハローは12体連隊となり、人間である指揮者の動きをカメラで捉え音楽を奏でてくれる。ハローの特徴の一つでもある首を愛らしく動かす姿と演奏が重なりエントランスで我々を楽しく出迎えてくれる。


音とハプティクスで怖さは何十倍にも膨れ上がる昨年もクリエイターとのコラボレーション作品はあったが、今年は世界的に著名なクリエイティブチームとのコラボレーションに驚かされた。世界中でテーマパークのアトラクションなどを設計するユニバーサル・パークス&リゾーツ(UP&R)のクリエイティブチーム「ユニバーサル・クリエイティブ」とのコラボで「ハロウィーン・ホラー・ナイト」から着想を得た企画を披露していた。未来のホラーハウス「Ghostly Whisper(ゴーストリーウィスパー)」だ。

あわせて読みたい

PRONEWSの記事をもっと見る 2018年3月12日のIT記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース インタビューの主要ニュース

ITニュースアクセスランキング

ITランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

トレンドの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

最新IT業界情報やiPhoneやAndroidやガジェット、話題のサービス、IoT情報、スタートアップにまつわるニュースをお届け中。