ボッシュがインドネシア初となる自動車部品生産工場の建設を計画

東南アジアでのフットプリントを拡大

・2014年に量産開始の予定

・初期投資額は1,000万ユーロ以上

・2016年までに120人を超える従業員を雇用予定


グローバル規模で革新的なテクノロジーとサービスを提供するリーディング・カンパニーのボッシュは、1,000万ユーロ以上の費用を投じ、インドネシアに初めてとなる生産工場を建設する計画であることを発表しました。量産開始は2014年になる予定で、ジャカルタ広域圏にある工場では第1段階として、主にインドネシアに拠点を置く日系自動車メーカー向けの自動車用製品を生産することになります。なお、ボッシュは今後3年間で120人以上の従業員を採用する予定です。

ボッシュ東南アジアの社長Martin Hayesは「計画中の生産工場は、インドネシアにおける当社の事業展開や、東南アジアにおけるボッシュのフットプリント(事業領域・事業地域)拡大において、大いに期待できるマイルストーン(通過点)になると考えています。東南アジアは、ボッシュが急成長を遂げている地域です。ボッシュは当地域でさらなる成長の可能性を見込んでおり、そのためこの地域においてボッシュの生産能力を増強するのです」と述べています。


グローバル展開を加速する顧客に不可欠なパートナー

ボッシュの予測では、2016年には新興国における日系自動車メーカーの総生産台数は、先進国における生産台数を上回り、その中でもけん引役となる地域は東南アジアと見ています。日本のボッシュ株式会社の代表取締役社長ヘルベルト・ヘミングは「日本企業だけでなく、グローバルに展開するその他の自動車メーカーも、海外、特に東南アジアのインドネシアのような新興国において設備投資を増やしています。ボッシュのグローバルに展開される重要なフットプリントをさらに強化し、私たちのモノづくりの能力を長期的に進展させていくことで、ボッシュ・グループはグローバル展開を加速するお客さまに欠かせないパートナーになっていきます」とこのように話しました。

あわせて読みたい

PR TIMESの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

ニュースアクセスランキング

ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2013年6月27日のリリース記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

注目の最新リリース情報など、競合他社の動向が分かるビジネスパーソン必見の最新ニュースを写真付きでお届けします。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。