日本アルコン、緑内障・高眼圧症治療剤 「アゾルガ(R)配合懸濁性点眼液」の販売開始

日本アルコン、緑内障・高眼圧症治療剤 「アゾルガ(R)配合懸濁性点眼液」の販売開始
~患者さんの点眼にかかる負担を軽減する新製品~

日本アルコン株式会社 は、緑内障・高眼圧症治療剤、「アゾルガ(R)配合懸濁性点眼液」(一般名:ブリンゾラミド/チモロールマレイン酸塩配合懸濁性点眼液)について、2013年11月19日より販売を開始いたしました。


日本アルコン株式会社 (本社: 東京港区、 代表取締役社長: 松村誠一郎) は、緑内障・高眼圧症治療剤、「アゾルガ(R)配合懸濁性点眼液」(一般名:ブリンゾラミド/チモロールマレイン酸塩配合懸濁性点眼液)について、2013年11月19日より販売を開始いたしました。

緑内障治療の目標は視野障害進行を抑制することにあり、治療の初期段階では点眼薬によって眼圧を下降させることが一般的です。通常1種類の点眼薬から治療を開始し、さらなる眼圧下降効果が必要な際には、点眼薬を変更するほか、複数の点眼薬を併用することもあります。眼圧下降効果を維持するには、毎日の点眼が不可欠となります。しかし、緑内障患者を対象にした調査において、治療を開始してから6カ月以内に自ら点眼を中断してしまった患者さんは42%*1にも上ります。また、点眼薬に求める項目として「点眼回数が少ない」という回答が最も多かった*2ことから、患者さんにとって、「点眼回数」が重要な要素であることが明らかになっています。「アゾルガ(R)配合懸濁性点眼液」は、の炭酸脱水酵素阻害剤であるブリンゾラミドとβ-遮断薬のチモロールマレイン酸塩、2つの作用を配合した点眼薬です。患者さんにとって、使用する点眼の本数と回数が減少することは利便性の向上となり、負担が軽減できます。

あわせて読みたい

PR TIMESの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

ニュースアクセスランキング

ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2013年11月28日のリリース記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

注目の最新リリース情報など、競合他社の動向が分かるビジネスパーソン必見の最新ニュースを写真付きでお届けします。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。