【大学受験とプレッシャーの関係性に関する意識調査】 約64%の確率で受験本番に想定外の“番狂わせ”が起こる!

【大学受験とプレッシャーの関係性に関する意識調査】 約64%の確率で受験本番に想定外の“番狂わせ”が起こる!
不運の“番狂わせ”を経験した5人に1人は 「下痢」を筆頭とした「プレッシャーによる体調不良」が原因

『ストッパ』受験応援プロジェクト(ライオン株式会社)は、大学受験シーズンに先駆け、下痢の経験がある現役の大学1、2年生200人、および全国の予備校・塾講師従事者と経験者(以下、予備校講師と略)200人に「大学受験とプレッシャーの関係性に関する意識調査」を実施しました。その結果、約64%の学生に「合格できないと思っていた大学に合格できた」「合格できると思っていた大学に合格しなかった」という“番狂わせ”が起こっていました。
また、「合格できそうだと思っていた大学に合格しなかった人」の5人に1人が「入試のプレッシャーによる体調不良」が原因で、受験本番で実力が発揮できなかったことがわかりました。

【調査概要】
・調査期間:2013年11月28日~12月3日
・調査方法:インターネット調査
・調査対象:過去1年以内に下痢経験のある現役の大学1・2年生200人(推薦入試合格者除く)
社会人かつ全国の予備校・塾講師従事者と経験者(アルバイト経験も含む)200人


<調査結果>

■大学受験の試験結果に“番狂わせ”を経験した人は63.5%
「受験の結果に“番狂わせ”があったか」を学生に聞いたところ、63.5%が「合格できないと思っていた大学に合格できた」「合格できると思っていた大学に合格しなかった」という“番狂わせ”があったことがわかりました(図1)。それに対し、予備校講師に、担当した生徒の中で、受験結果に“番狂わせ”があったと感じたかを聞いたところ、43.9%が“番狂わせ”が起こっていると回答しており、予備校講師が認識している以上に“番狂わせ”が起こっていることがわかりました。

あわせて読みたい

PR TIMESの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

ニュースアクセスランキング

ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2014年1月9日のリリース記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

注目の最新リリース情報など、競合他社の動向が分かるビジネスパーソン必見の最新ニュースを写真付きでお届けします。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。