@cosmeメンバー900名に調査した結果をまとめた「2014年アンチエイジングレポート」を発表

~ 顔のアンチエイジングはより身近になる一方、髪のアンチエイジングはまだ知識不足か? ~

株式会社アイスタイル(本社:東京都港区、代表取締役社長 兼CEO:吉松徹郎 東証一部・コード番号 3660 以下、アイスタイル)は20歳以上の@cosme(※)メンバー900名を対象に、2014年4月24日から2014年4月30日の期間にかけてアンチエイジングに関する自主調査を実施いたしました。その結果、2014年では「アンチエイジング」に関して下記のような傾向があることがわかりました。

■ アンチエイジングはより身近になっていると考えられる。美容液などのアンチエイジングのための特別なアイテムに加え、化粧水、乳液、洗顔料、クレンジングなど普段使用する身近なアイテムにもアンチエイジング効果のあるアイテムを取り入れている。例えば、クレンジングにアンチエイジング効果のあるアイテムを使用したことがあるメンバーは2005年から20.2%増え、2014年では33.8%が使用経験ありと答えている。

■ 2011年7月から「乾燥による小ジワを目立たなくする」新しい効能が厚生労働省によって認められたことにより、アンチエイジング化粧品のラインナップがより充実した。そのため、2014年では肌老化の原因として「乾燥」が注目されるなど、より肌老化への知識が高まっている。

■ 髪や頭皮のアンチエイジングケアは美容意識の高い@cosmeメンバーにおいても後手に回っている。髪や頭皮の老化を実感するきっかけは「白髪」であり、老化現象が顕在化して初めてアンチエイジングを意識している。これは、髪や頭皮の老化に関する知識が行き渡っていないことを表している。

あわせて読みたい

PR TIMESの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

ニュースアクセスランキング

ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2014年7月18日のリリース記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

注目の最新リリース情報など、競合他社の動向が分かるビジネスパーソン必見の最新ニュースを写真付きでお届けします。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。