阪神本線連続立体交差事業(鳴尾工区) 甲子園駅~武庫川駅間下り線を高架に切替え ~2015年3月14日始発から~

阪神本線連続立体交差事業(鳴尾工区) 甲子園駅~武庫川駅間下り線を高架に切替え ~2015年3月14日始発から~
阪神電気鉄道株式会社(本社:大阪市福島区、社長:藤原崇起)では、兵庫県の都市計画事業である「阪神本線西宮市内連続立体交差事業(鳴尾工区)」について、兵庫県・西宮市とともに、 2003年度から事業に取り組み、仮線路への切替えを経て、下り線の高架工事を進めてきました。

リリースはこちら→ http://www.hankyu-hanshin.co.jp/news_release/pdf/20150217_2929.pdf  

この度、工事の進捗に伴い、2015年3月14日(土)の始発列車から、甲子園駅~武庫川駅間の下り線(神戸三宮方面行き)を、高架線路に切り替えての運行を開始します。
今回の切替えにより、6か所の踏切の遮断時間が短縮され、道路の交通渋滞が緩和されるとともに、列車運行の安全性も、一層向上します。
また、新しく下りホームが高架になる鳴尾駅には、ホームに通じるエレベーター・エスカレーターを新設します。
同切替え後は、現在の仮下り線路の撤去工事等を行い、上り線高架工事に着手します。


◆高架下り線路への切替えの概要◆
1 日時 2015年3月14日(土)始発から
2 区間 甲子園駅から武庫川駅西方までの間(約1.87km)

(参考)阪神本線西宮市内連続立体交差事業(鳴尾工区)のあらまし
1 概要
阪神本線西宮市内連続立体交差事業(鳴尾工区)は、甲子園駅~武庫川駅間の踏切を除去し、高架化するとともに、交差道路や側道を整備することで、道路交通の安全性の向上と円滑化を図る事業であり、都市計画事業として進められています。

あわせて読みたい

PR TIMESの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

ニュースアクセスランキング

ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2015年2月17日のリリース記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

注目の最新リリース情報など、競合他社の動向が分かるビジネスパーソン必見の最新ニュースを写真付きでお届けします。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。