江東湾岸サテライトスマートナーサリースクール「テニスの森キャンパス」開園

江東湾岸サテライトスマートナーサリースクール「テニスの森キャンパス」開園
江東区の待機児童問題解消に向けた「サテライト保育」第二弾。全国初、防災拠点として船からの給電も可能な保育所

積水ハウス株式会社(本社:大阪市北区、社長:阿部 俊則)が設計施工を担当した江東区認可保育所「江東湾岸サテライトスマートナーサリースクール(運営:社会福祉法人 高砂福祉会)」の本園「テニスの森キャンパス」が完成し、4月1日に開園しました。

江東区は、2013年4月に実質的待機児童数が242人を数えました。これを減少させるため、2014年4月、全国初の「サテライト保育所」を開設しました。これは、世帯数が著しく増加している豊洲地区の分園にて乳幼児を預かり、2~5歳児は分園からバスで約10分の距離にあるオフィスビルの中の本園にて保育するシステムです。
この度、サテライト保育第二弾として、豊洲地区と同様に保育需要が多い東雲地区の分園(イオン東雲店内に新設した「東雲キャンパス」)で乳幼児を預かり、2~5歳児は分園からバスで約10分の本園「テニスの森キャンパス」(有明1-5-22)で保育する「江東湾岸サテライトスマートナーサリースクール」が開園しました。

[画像1: http://prtimes.jp/i/12902/13/resize/d12902-13-458444-10.jpg ]


東京湾につながる運河に面した園庭を持ち子どもたちを伸び伸び育てることができる本園がある有明地区は、2020年オリンピック・パラリンピック東京ベイゾーンの中心エリアとなります。世界に誇る保育所にするべく、当社ならではの環境やエネルギー技術と安全安心快適に暮らすための設計力を活かし、園児たちが日常はエコな生活を送り、災害時は船舶からの給電なども可能な防災拠点として被災者の生活をも支える仕組みを備えたスマートな保育所といたしました。船舶からの給電が可能な保育所は全国初となります。また、限られた設計施工期間でしたが、デザインビルドのメリットと工場生産システムを活かし、設計期間3カ月、施工期間5カ月という短期間で高品質な建物を建設しました。

あわせて読みたい

PR TIMESの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

ニュースアクセスランキング

ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2015年4月11日のリリース記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

注目の最新リリース情報など、競合他社の動向が分かるビジネスパーソン必見の最新ニュースを写真付きでお届けします。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。