男がリアルにツラい時代の新しい“生き方問題”とは?~湯山玲子氏と津田大介氏、「男を生きづらくする鎧」を脱ぐ方法を徹底対談!~

男がリアルにツラい時代の新しい“生き方問題”とは?~湯山玲子氏と津田大介氏、「男を生きづらくする鎧」を脱ぐ方法を徹底対談!~
男がリアルにツラい時代の新しい“生き方問題”とは―。
著述家の湯山玲子氏と、“男代表”としてジャーナリスト、メディア・アクティビストの津田大介氏が、男性の生き方をめぐって昨夜都内で対談した。今回の対談は、昨今の不況や女性の社会進出、グローバリゼーションで従来の価値観が揺らいでいる今、今年1月に湯山氏がエッセイ『男をこじらせる前に 男がリアルにツラい時代の処方箋』(KADOKAWA刊)を刊行したことをきっかけに企画された。

[画像1: http://prtimes.jp/i/7006/1493/resize/d7006-1493-568817-1.jpg ]

『男をこじらせる前に 男がリアルにツラい時代の処方箋』(KADOKAWA刊)で、湯山氏は「従来、男のエンジンは『出世』『金』『女』だと考えられてきた」と指摘し、「男を生きづらくする鎧」を脱ぐ方法や、日本と家庭と人生とを明るくする新しい「男の生きる道」について持論を述べている。

対談で、湯山氏は「男が、子分を周囲に従えたがったり定期的な収入がないことを恐れるなどといったことは、男性社会ならでは。男が今まで作り上げてきた既得権益が自分自身を苦しめている。仕事だけをしていればよいと思うのでもマザコンで生きるのでもなく早めに自律し、収入を得て楽しめるよう今後の人生を考えたほうがよい」と聴衆に熱い持論を語った。

また津田氏は「女は色々な可能性をパラレルに用意しているが、僕もパラレル派。就活のときは出版社も受けたが結果的にフリーとして仕事をしてきて、急に仕事が変動したりするのに備え色々と新しい仕事を受けていたら、たくさん肩書きが増えた。社会の不条理にどう立ち向かって行くかがその後の人生を決める」とコメント。

あわせて読みたい

PR TIMESの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

ニュースアクセスランキング

ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2015年5月9日のリリース記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

注目の最新リリース情報など、競合他社の動向が分かるビジネスパーソン必見の最新ニュースを写真付きでお届けします。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。