7/23(木)ツナドリーム五島種苗センター開所式を実施 豊田通商、近畿大学共同



近年、天然資源の保護に対する関心が世界的に高まっており、日本国内では水産庁が天然小型クロマグロの漁獲量を50%に削減することを決定するなど、クロマグロにおける漁獲規制の強化が進んでいます。近畿大学と豊田通商は、クロマグロ人工種苗を養殖業者への安定的な供給を目指し、2010年より共同で事業を進めてまいりました。本種苗センターの稼働により、人工種苗の量産化を可能にするとともに、完全養殖クロマグロの生存率と品質の向上に貢献します。近畿大学は、世界に誇る養殖技術のさらなる研究・技術開発を、豊田通商は、開発された技術に基づく量産化の役割を担い今後も共同で推進してまいります。

■株式会社ツナドリーム五島種苗センター
本社所在地:長崎県五島市
設   立:2014年5月12日
代 表 者:代表取締役 石山 直良
      (豊田通商株式会社 農水事業部長)
資本金・資本剰余金:500百万円
出 資 比 率:豊田通商100%
従 業 員 数:7名(近畿大学より1名、豊田通商より1名出向)
関連URL:http://www.flku.jp/

事業計画等につきましては添付のプレスリリース資料をご参考ください。

企業プレスリリース詳細へ
PRTIMESトップへ

あわせて読みたい

PR TIMESの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

ニュースアクセスランキング

ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2015年7月23日のリリース記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

注目の最新リリース情報など、競合他社の動向が分かるビジネスパーソン必見の最新ニュースを写真付きでお届けします。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。