世界初、D-アスパラギン酸にコラーゲン線維束形成を促進する効果を発見 コラーゲン線維を太くしっかりした束へ導くことにより、ハリ・弾力のある肌を実現

世界初、D-アスパラギン酸にコラーゲン線維束形成を促進する効果を発見 コラーゲン線維を太くしっかりした束へ導くことにより、ハリ・弾力のある肌を実現
 資生堂は、D-アミノ酸の一種である「D-アスパラギン酸」がコラーゲンの「線維束(せんいそく)」を形成する様子を可視化し、D-アスパラギン酸がコラーゲン線維を太くしっかりした線維束へ導く効果を世界で初めて発見しました。当社は、この研究成果を今後発売するスキンケア化粧品に応用していきます。
 また、本研究について、8月3日にオーストリア・ウィーンで開催された国際アミノ酸・ペプチド・タンパク質学会※1(International Congress on Amino Acids, Peptides and Proteins)にて発表しました。

※1 アミノ酸研究に携わる医学・農学・理学などの幅広い分野の研究者が世界中から集い、2年に1度開催される国際学会。今回は366演題の研究が発表された。

《D -アスパラギン酸がコラーゲン線維を太くしっかりした線維束へ導く》
 資生堂は、D-アスパラギン酸を添加した線維芽細胞を観察し、真皮(I型)コラーゲン線維束形成が促進されている様子を可視化しました※2。この可視化により、肌のハリに重要な役割を持つ真皮(I型)コラーゲン線維にD-アスパラギン酸を添加すると、無添加のものに比べて線維が太くしっかりとすることがわかり、D-アスパラギン酸に真皮(I型)コラーゲン線維束形成の促進効果があることを、世界で初めて発見しました(図1)。ヒトの体内に存在するD-アミノ酸のうち、コラーゲンへの作用が科学的に証明されたのはD-アスパラギン酸が初めてです。若々しい肌のハリ・弾力の土台とも言える真皮(I型)コラーゲンは、加齢に伴って減少するだけでなく、コラーゲン線維束の密度も低くなっていきます。今回の知見から、D-アスパラギン酸がコラーゲンを太くしっかりした線維束へと育むことがわかりました。

あわせて読みたい

PR TIMESの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

ニュースアクセスランキング

ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2015年8月31日のリリース記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

注目の最新リリース情報など、競合他社の動向が分かるビジネスパーソン必見の最新ニュースを写真付きでお届けします。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。