[日本のチカラでアジアの子どもを救う!プロジェクト】顔にアノマリー(先天奇形)を持つ女の子。9月、長崎で来日治療へ 国際医療NGOジャパンハートが支援。

[日本のチカラでアジアの子どもを救う!プロジェクト】顔にアノマリー(先天奇形)を持つ女の子。9月、長崎で来日治療へ 国際医療NGOジャパンハートが支援。
日本の医療で少女に差別のない未来を。【NPO法人ジャパンハート】

特定非営利活動法人ジャパンハート(台東区・代表吉岡秀人、以下ジャパンハート)は、顔にアノマリー(先天奇形)を持つラオスの女児チャンペンちゃん(1歳10か月)への支援を決定。2015年9月、日本での治療に向けて支援プロジェクトを開始しました。

チャンペンちゃんはラオスの田舎に住む1歳10か月の女の子。顔にアノマリー(先天奇形)を持って生まれてきました。診断名は左顔面裂、右巨口症。顔面に亀裂があり、口を閉じることができません。眼球の位置も正常ではなく、口は耳に向かって大きく裂けていました。

yahoo!ネット募金でファンディング企画をスタート!
「顔面に先天性異常を持つ女の子を救う。 この子に、差別のない未来を。目標120万円。」
 >http://donation.yahoo.co.jp/detail/5013005/

[画像1: http://prtimes.jp/i/12298/16/resize/d12298-16-113056-0.jpg ]


【経緯・ラオスの医療事情】
 2015年7月、Facebookを通じてロシアに住むラオス人の方からジャパンハートに1通のメッセージが届きました。
「どうか、この子を助けてもらえませんか?」
慎重に調査を行いながら、ひとつひとつ明らかになる少女の現状に、衝撃を受けました。

 その子には、生まれたときから顔面に亀裂があり、閉口できませんでした。飲食は問題なく、左眼の視力も正常。しかし、結膜は露出し乾燥しやすく、将来的に視力に支障を来す可能性があります。また、口腔は常に開き、唾液の流出、乾燥しやすく、易感染状態にあると思われました。成長に伴い、発語の問題や社会適応の難しさなどが、強く懸念されました。

あわせて読みたい

PR TIMESの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

ニュースアクセスランキング

ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2015年9月8日のリリース記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

注目の最新リリース情報など、競合他社の動向が分かるビジネスパーソン必見の最新ニュースを写真付きでお届けします。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。