「全国ふるさとフェア2015」に沖縄県八重瀬町が初出展!

「全国ふるさとフェア2015」に沖縄県八重瀬町が初出展!
横浜に届け! 八重瀬の恵み

 沖縄県八重瀬町は、2015年10月31日(土)・11月1日(日)に横浜赤レンガ倉庫で開催される「全国ふるさとフェア2015」に出展します。今回、初出展となるイベントで、八重瀬町が誇る地域の恵みを使った「カラベジ」ブランドの販売や、観光コーナーでは町内のコンセプトブランドを表した「八重瀬八景」のポスター展示などを行います。また、ステージでは地域キャラクター「やえせのシーちゃん」が登場。食べる、見る、知る、そして、八重瀬町をきっと好きになる―― 横浜へ八重瀬の恵みをお届けします。


 沖縄県八重瀬町は県都・那覇市からおよそ15キロほど南にあり、2006年に東風平町(こちんだ)と具志頭村(ぐしかみ)が合併して誕生した町です。2つの地域にまたがる八重瀬岳が町名の由来になり、農産物や町魚のトビウオなど、自然の恵みが豊富な場所です。2015年からは自然・景観・生活文化を一つの宝と考える、八重瀬八景プロジェクトを進行中です。

八重瀬町観光ウェブサイト
http://www.town.yaese.lg.jp/yaese_sight/

[画像1: http://prtimes.jp/i/15697/1/resize/d15697-1-834608-1.jpg ]


【全国ふるさとフェア2015 概要】

横浜 秋の風物詩として定着した、全国の“ふるさと”が一同に集まるイベント

 「全国ふるさとフェア」(主催:文化放送および全国ふるさとフェア実行委員会)は2004年の初開催以来、「全国の郷土や食文化を広く一般に情報発信しよう」という主旨のもと、文明開化さきがけの地“横浜”の名所の一つ「横浜赤レンガ倉庫・イベント広場」にて開催され続けてきました。地域の郷土食、観光展示のほか、今年は文化放送の公開生放送やアーティストのライブステージが実施されます。

あわせて読みたい

PR TIMESの記事をもっと見る 2015年10月21日のリリース記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

ニュースアクセスランキング

ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

注目の最新リリース情報など、競合他社の動向が分かるビジネスパーソン必見の最新ニュースを写真付きでお届けします。