『作州絣保存会作品展』開催 復活を遂げた、岡山県伝統の綿織物 “作州絣” 都内で初の展示&販売会に、“岡山デニム”とのコラボ着物も登場!

『作州絣保存会作品展』開催 復活を遂げた、岡山県伝統の綿織物 “作州絣” 都内で初の展示&販売会に、“岡山デニム”とのコラボ着物も登場!
2016年2月5日(金)~2月7月(日) 於:とっとり・おかやま新橋館

 岡山県と鳥取県の共同アンテナショップ「とっとり・おかやま新橋館」では、2月5日(金)~7日(日)の3日間にわたり、「作州絣(さくしゅうかすり)保存会作品展」を開催します。


[画像1: http://prtimes.jp/i/15416/4/resize/d15416-4-993109-4.jpg ]


 当日は、保存会会員が織り上げた作品を展示するとともに、岡山県の伝統的な織物「作州絣」を使って作られたネクタイやカードケースといった雑貨・小物など約100点を販売。また、「作州絣」と岡山県倉敷市特産のデニム生地を使って仕立てられた、岡山県の北と南を代表する藍染め木綿のコラボ着物「KOMA×SAKU」など、作品展示を通じて「作州絣」の魅力を紹介します。最近では、プロテニスプレーヤー・錦織圭選手がユニフォームのモチーフに用いて話題となった、日本人に馴染み深い“絣”。伝統を継承するため、定番の着物の他、ウェディングドレスや子供服など、新しい活用方法も提案します。
 「作州絣」は、岡山県北部の津山市周辺(旧国名:美作国/作州)で昔から盛んに織られていましたが、最盛期の昭和30年代以降、生産量が激減。1981年(昭和56年)には、「手織作州絣」が岡山県郷土伝統的工芸品に指定されるも担い手がおらず、一度は生産が途絶えましたが、作州絣保存会会長・日名川茂美氏らの10年にわたる研究・保存活動により、生産再開を遂げました。その後の地道な後継者育成・普及活動を経て、この度、都内で初の「作州絣」の展示・販売会を行う運びとなりました。とっとり・おかやま新橋館では、多くの方が作州絣について知り、直接手に取って頂ける機会を通じて、作州絣の魅力を広く発信していきます。

あわせて読みたい

PR TIMESの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

ニュースアクセスランキング

ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2016年1月29日のリリース記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

注目の最新リリース情報など、競合他社の動向が分かるビジネスパーソン必見の最新ニュースを写真付きでお届けします。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。