ロボットスタート、ヴイストンと資本提携

ロボットスタート、ヴイストンと資本提携
~より密接な提携でコミュニケーションロボット普及を共同で加速~

 ロボットスタート株式会社(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:中橋義博、以下「ロボットスタート」)は、ヴイストン株式会社(本社:大阪市西淀川区、代表取締役:大和信夫、以下「ヴイストン」)と、資本提携契約を締結したことをお知らせいたします。

[画像: http://prtimes.jp/i/12458/13/resize/d12458-13-885129-1.jpg ]


1.資本提携の概要
 ロボットスタートの第三者割当増資をヴイストンが引き受けます。

2.今後の展開
 既に発表済みの業務提携を元に、今後さらに密接にロボットプラットフォームの企画・開発、デベロッパーサポートなどの業務を共同で行っていくことを通じて、ヴイストンが開発した普及型社会的対話ロボット「Sota(ソータ)」を始めとしたコミュニケーションロボットのより一層の普及を目指してまいります。

[ロボットスタート株式会社について]
 2014年12月にロボットのアプリケーション領域の専業会社として創業。今後普及が見込まれる家庭用・オフィス用・店舗用の人型ロボットに関する業務にフォーカスし、ソフトウェア開発事業・メディア事業・マーケティング事業・コンサル事業を通じて、ロボットの普及を加速させてまいります。

[ロボットスタート株式会社 会社概要]
 会社名 : ロボットスタート株式会社(英文社名 robot start inc.)...続きを読む

あわせて読みたい

PR TIMESの記事をもっと見る 2016年2月15日のリリース記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

ニュースアクセスランキング

ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

注目の最新リリース情報など、競合他社の動向が分かるビジネスパーソン必見の最新ニュースを写真付きでお届けします。