ワークスアプリケーションズとマイクロソフト、クラウドビジネスにおいて連携を強化

ワークスアプリケーションズとマイクロソフト、クラウドビジネスにおいて連携を強化
拡大する(全1枚)
~「COMPANY(R) on Cloud Managed Service」がMicrosoft Azureに対応 顧客に合わせたERP環境の実現でクラウド化を促進~

 株式会社ワークスアプリケーションズ(本社:東京都港区、代表取締役最高経営責任者:牧野 正幸、以下 ワークス)と日本マイクロソフト株式会社(本社:東京都港区、代表執行役 社長:平野 拓也、以下 日本マイクロソフト)は、クラウドビジネスにおいて連携を強化いたします。

 日本マイクロソフトが提供するパブリッククラウドプラットフォーム 「Microsoft Azure」(以下Azure(※1))にワークスが提供するクラウド運用サービス「COMPANY(R) on Cloud Managed Service」(以下 CCMS (※2))を対応させ、4月より正式にサポート、販売を開始いたします。また、ワークスは、日本マイクロソフトと国内ERPベンダーとして初めてのクラウドソリューションプロバイダー(以下CSP(※3))契約を締結し、ERP環境のクラウド化を促進するため、両社で連携して販売活動などを行ってまいります。

●国内初のCSP対応ベンダーへ
 「CCMS」の「Azure」対応にあわせ、両社でERP環境のクラウド化を促進するため、ワークスはマイクロソフトが提供する新しいパートナービジネスプログラムであるCSPプログラムに、国内のERPパッケージベンダーとして初めて参画しました。これにより、ワークスは高い実績のある自社製品・サービスに加え、企業系のお客様に信頼の高い「Azure」サービスをセットにしたワンストップのサービスが提案可能となります。

当時の記事を読む

PR TIMESの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

総合ランキング

ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2016年3月24日のリリース記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

注目の最新リリース情報など、競合他社の動向が分かるビジネスパーソン必見の最新ニュースを写真付きでお届けします。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。