エチオピア 1,000万人以上が食糧支援を待つ エルニーニョによる干ばつが深刻化 【報道参考資料】

エチオピア 1,000万人以上が食糧支援を待つ エルニーニョによる干ばつが深刻化 【報道参考資料】
人道支援ニーズは昨年の3倍に

[画像1: http://prtimes.jp/i/5176/662/resize/d5176-662-558065-1.jpg ]


※本信はユニセフ本部が発信した情報をもとに、日本ユニセフ協会が編集・翻訳したものです。

【2016年4月1日 アジスアベバ(エチオピア)発】
エルニーニョ現象の影響を受け、大規模な干ばつが起こっているエチオピアから発信された、4/1付の更新情報の抜粋をお届けします。

<概況>


エチオピアはいま、エルニーニョ現象の影響による異常気象によって、この数十年で最悪レベルの干ばつに見舞われています。エチオピアは、これまでにも繰り返し洪水や干ばつに襲われてきた国で、それ自体は珍しいことではありませんが、今回の干ばつはその規模と被害の甚大さが、これまでの経験をはるかに超えています。この国の労働人口の85%が農業に従事しており、昨年、その生産高の80%以上を支えている雨期に雨が降らなかったことは、人々の生活に大きな打撃を与えるとともに、収穫がなく食糧備蓄が減る今年の“lean season”には非常に厳しい状況になることが予想されています。
人道支援のニーズは、昨年比の3倍に膨れ上がっています。緊急の食糧支援を必要とする人は、1,000万人以上(総人口の10%以上)。また、600万人に上る子どもたちが、飢餓や病気、水不足の危険に直面しています。
栄養不良が急速に広がっています。重度の急性栄養不良の治療が必要な子どもは45万人。さらに220万人の子どもや妊産婦が、中度の急性栄養不良状態にあります。

あわせて読みたい

PR TIMESの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

ニュースアクセスランキング

ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2016年4月6日のリリース記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

注目の最新リリース情報など、競合他社の動向が分かるビジネスパーソン必見の最新ニュースを写真付きでお届けします。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。