加盟工場が1000件を越えたレンタルピットサービスの「ゴーゴーガレージ」、中古車個人売買支援サービスのモニター募集を開始

加盟工場が1000件を越えたレンタルピットサービスの「ゴーゴーガレージ」、中古車個人売買支援サービスのモニター募集を開始
福岡を拠点とするスタートアップ、インプルーブが運営するレンタルピットネットワークサービス「ゴーゴーガレージ」の加盟店が1000店を突破しました。

「ゴーゴーガレージ」は、自動車の整備やカスタムを行いたいカーユーザと、全国の加盟工場とを結び付けるサービスです。今年の2月時点での本サービスへの加盟店数は350店でしたが、6月時点で1000件に到達しました。

1000店の加盟店は全国に散らばっており、各都道府県でのカバー率はほぼ100%となっています。最近では多い日には1日に40店舗ずつ加盟店が増えており、10月頃には加盟店数2000軒を目標としています。


また、ゴーゴーガレージは個人間での車両売買に対する支援サービスを開始しました。

近年、需要の高まりを見せる自動車の個人売買では、取引をする際に直接自分の目で状態を確認したり、契約の書き換え、高額の送料負担などが問題となっています。
「ゴーゴーガレージ」では、こうした売り手と買い手双方に発生する負担を下げるために、ゴーゴーガレージが、現車確認の代行や陸送・登録の代行を請負、全国の加盟店と連携し、サポートを行います。

中古車個人売買支援サービスでは、「遠方だと現車の状態を見て確認できない」「陸送の費用負担が個人依頼だと割高」「登録や名義変更が面倒」「買った後のメンテナンスが不安」といった買い手のリスクと、「現車の状態が伝わらずクレームになる」「名義変更の不実行によるトラブルがある」といった売り手のリスクがある。本サービスでは、個人売買における双方のリスクを回避する事を目的としています。...続きを読む

あわせて読みたい

PR TIMESの記事をもっと見る 2016年6月24日のリリース記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

ニュースアクセスランキング

ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

注目の最新リリース情報など、競合他社の動向が分かるビジネスパーソン必見の最新ニュースを写真付きでお届けします。