食欲の秋。キノコの秋。月見の秋。9月15日より「宮崎県日南市 塚田農場」にて「秋のオススメ」提供開始

食欲の秋。キノコの秋。月見の秋。9月15日より「宮崎県日南市 塚田農場」にて「秋のオススメ」提供開始
ヘルシーで食べごたえのある「“加藤えのき”の月見ステーキ」等が登場

株式会社エー・ピーカンパニー(東京都港区/代表 :米山久)が運営する居酒屋「宮崎県日南市 塚田農場」では、みやざき地頭鶏を中心とした、“宮崎ならでは”の食事やお酒を提供しています。
この度、秋の味覚の代表格「キノコ」を使った「“加藤えのき”の月見ステーキ」など、”ヘルシー”だけど食べ応えがあり、”生産者の顔がみえる”メニュー3種を中心に9月15日より提供を開始いたします。


[画像1: http://prtimes.jp/i/4635/35/resize/d4635-35-921615-0.jpg ]


■“加藤えのき“の「月見ステーキ」-「えのき」なのに「ホタテ」の食感&甘み
9月15日の“中秋の名月”より提供を開始する「秋のおすすめ」の注目商品であり、今年で3年目を迎える「宮崎県日南市 塚田農場」の秋の名物料理「“加藤えのき”の月見ステーキ」は、その食感や甘みが愉しめるえのきの軸に着目し、軸の切り株を丸ごと使用した商品です。加藤えのきの代表、加藤修一郎さんによると加藤えのきの軸はホタテに似たシャキシャキとした食感と甘みがあり、醤油などをかけて食べることもあるそうで、それが開発のきっかけとなりました。

[画像2: http://prtimes.jp/i/4635/35/resize/d4635-35-936891-1.jpg ]


本品は、宮崎県宮崎市の有限会社加藤えのきが生産したえのきの軸の上に鶏のつくねを敷き詰め、じっくりとオーブンで焼き上げています。さらに今年の加藤えのきは重量感が増し、さらに食べ応えのある商品になっています。最上部には塚田農場オリジナルの玉子「塚だま」が鎮座しており、熱々の鉄板の上に乗せられた本品に特製の甘辛ダレを掛け、月見ステーキをナイフでほぐすように切り分けると塚だまと絡まり一層香ばしい香りが立ち上がります。

あわせて読みたい

PR TIMESの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

ニュースアクセスランキング

ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2016年9月12日のリリース記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

注目の最新リリース情報など、競合他社の動向が分かるビジネスパーソン必見の最新ニュースを写真付きでお届けします。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。