第1回オキナワモズク・フコイダン研究会

第1回オキナワモズク・フコイダン研究会
最新!オキナワモズクとフコイダンの研究報告~オキナワモズクとフコイダンの研究者が初めて一同に!

オキナワモズクとその機能性成分であるフコイダンについて、生物学的研究と化学的、機能性の研究分野の研究者が一同に集まる「第1回オキナワモズク・フコイダン研究会」を2016年11月25日(金)、ヒルトン沖縄北谷リゾートにて開催することをお知らせいたします。

<オキナワモズク・フコイダン研究会HP>
http://www.okinawa-i.co.jp/okinawamozuku/


オキナワモズク(Cladosiphon okamuranus)は南西諸島固有種の食用海藻です。
オキナワモズクは1970年代に沖縄県水産試験場によって栽培技術が開発され、世界で唯一、沖縄県のみで商業的な生産が行われています。その年間生産量は約2万トンに達し、全国生産量の9割以上を占める沖縄県の主力水産物となっています。

モズクフコイダンの構造は1999年、長岡らによって決定され、これが契機となって生理活性の研究が急速な展開をみせてきました。これまでに、抗腫瘍効果、抗血液凝固活性、コレステロール低下作用、ヘリコバクター・ピロリ菌定着阻害作用、機能性胃腸症改善効果、HTLV-1プロウィルス量減少、抗C型肝炎ウイルス作用などの報告がされています。

また最近、オキナワモズクの全ゲノム解析が明らかになりました。

このように、オキナワモズク・フコイダンの新しい知見が続々と報告されています。研究会では栽培技術の開発や初期のフコイダン研究を振り返りつつ、オキナワモズク全ゲノム解析やHTLV-1ウィルスに対するヒト試験など最新の研究成果を報告いたします。

あわせて読みたい

PR TIMESの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

ニュースアクセスランキング

ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2016年11月18日のリリース記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

注目の最新リリース情報など、競合他社の動向が分かるビジネスパーソン必見の最新ニュースを写真付きでお届けします。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。