2016年第29回IFSCC基礎研究賞受賞 日本ロレアル リサーチ&イノベーションセンター 化粧品業界で初めて成功、毛髪データを音に変換

2016年第29回IFSCC基礎研究賞受賞 日本ロレアル リサーチ&イノベーションセンター 化粧品業界で初めて成功、毛髪データを音に変換
― 消費者の感性に応える新手法 ―

2016年11 月29日

世界最大の仏化粧品会社ロレアルグループの日本法人である日本ロレアル株式会社(東京都新宿区、代表取締役社長ジェローム・ブリュア)のリサーチ&イノベーションセンターは、2016年10月30日‐11月2日にアメリカ合衆国オーランド(フロリダ州)で開催された第29回国際化粧品技術者大会(The 29th IFSCC Congress)で最も優れた基礎研究に与えられる「IFSCC基礎研究賞」を受賞しました。
受賞した研究は、野村麻利子日本ロレアル リサーチ&イノベーションセンター研究員らによる「ソニフィケーション:髪の表面状態を音楽に変換して表現する方法(SONIFICATION : Translating the human hair surface state into sound)」で、音に関する最先端技術を駆使した音楽制作、音響デザインの第一人者である井出祐昭氏が主宰する有限会社エル・プロデュースとの共同研究です。

化粧品業界で初めて、毛髪データを音に変換
毛髪の表面はうろこのようなキューティクルという構造が規則正しく並んでいますが、この構造はブラッシングなどの外部刺激によって、毛髪が成長する間に少しずつダメージを受けます。ダメージを受けた毛髪は艶を失ったり、手触りが悪くなったりしますが、これは毛髪表面の構造が変化することによるものです。受賞した研究では、毛髪表面の摩擦の微細な変化を高感度センサーで感知し、そのデータを特殊なソフトウェアを用いて音や音楽にリアルタイムに変換し、可聴化することに成功しました。医療分野ではがん治療などにおいて患者自身の血流を音楽で表現し、痛みを和らげるなどに採用されていますが、化粧品業界においては初めての取り組みとなります。

あわせて読みたい

PR TIMESの記事をもっと見る 2016年11月29日のリリース記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

ニュースアクセスランキング

ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

注目の最新リリース情報など、競合他社の動向が分かるビジネスパーソン必見の最新ニュースを写真付きでお届けします。