Kaspersky Lab、ランサムウェアCryptXXXバージョン3に対応する復号ツールを無償提供

Kaspersky Lab、ランサムウェアCryptXXXバージョン3に対応する復号ツールを無償提供
Windowsデバイスに感染し、ファイルのロックに加えデータの複製とビットコインの窃取を行う極めて悪質なランサムウェア、CryptXXXのバージョン3に対応した復号ツールを公開します。このツールでは、暗号化されたファイルの拡張子が.crypt、.cryp1、.crypzを復号することができます。

[本リリースは、2016年12月20日にKaspersky Labが発表したプレスリリースに基づいた抄訳です]

Kaspersky Labは、日本を含む世界各地で感染が増大しているランサムウェアの被害者を保護する取り組みを進めています。2016年4月と5月には、ランサムウェア「CryptXXX」のバージョン1 、バージョン2によって暗号化されたファイルを復号するツールを無償提供しました。このたび新たに、CryptXXXバージョン3に対応した復号ツールを提供します。このツールでは、暗号化されたファイルの拡張子が.crypt、.cryp1、.crypzのファイルを復号することができます。

CryptXXXバージョン3に対応した復号ツールは、カスペルスキーのサポートサイトおよび「No More Ransom」プロジェクト※1 のポータルサイトからダウンロードすることができます。

CryptXXXは活発に活動を続けている危険なランサムウェアファミリーの一つです。サイバー犯罪者たちは長い間、このマルウェアを効率よく感染させるために、AnglerとNeutrinoエクスプロイトキットを利用してきました。4月から全世界の数千ものPCがCryptXXXに感染したとみられています。

あわせて読みたい

PR TIMESの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

ニュースアクセスランキング

ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2016年12月20日のリリース記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

注目の最新リリース情報など、競合他社の動向が分かるビジネスパーソン必見の最新ニュースを写真付きでお届けします。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。