月間アクティブユーザー7,740万人を誇る中国の人気アプリ『MOMO(陌陌)』 ライブストリーミングサービス好調

月間アクティブユーザー7,740万人を誇る中国の人気アプリ『MOMO(陌陌)』 ライブストリーミングサービス好調
中国でモバイルソーシャルプラットフォームサービスを提供するBeijing Momo Technology Co, Ltd.(本社:中国北京、代表:唐岩)は、iOS・Android端末向けソーシャルサービス『MOMO(陌陌)』がライブストリーミングサービスの好調を受け、月間アクティブユーザーが7,740万人に達したことをお知らせします。

『MOMO(陌陌)』は、2011年8月に位置情報をベースとしたソーシャルアプリとしてサービスの提供を開始しました。位置情報を用いて、近くにいる人を見つけ会話ができるLBS(※1)や、同じ趣味や興味を有する人でコミュニティを作る機能、日常を発信するソーシャル機能などで人気となり、2016年9月末時点で、『MOMO(陌陌)』の月間アクティブユーザー数は7,740万人、有料会員数は340万人と、中国におけるモバイルソーシャル通信サービス分野において、Wechat(微信)、QQに続く、月間アクティブユーザー数を有するサービスにとなっています。(※2)

そして2016年4月、中国でいま非常に人気を集めているライブストリーミング(生放送)の機能を新たに追加。サービス開始により、2016年9月末の第3四半期時点で、ライブストリーミング関連の営業利益は1.086億ドルで、営業利益全体の69%を占めるまでに急成長を遂げています。

現在中国では、様々なライブストリーミングアプリがありますが、日常的に利用し、友人とも繋がっている『MOMO(陌陌)』上でライブストリーミングをはじめられることから、多くのユーザーが手軽に生放送の配信を楽しむようになっています。また、特徴としては、位置情報やソーシャル機能がベースになっていることから、一方的な発信ではなく、近くでライブストリーミングをしているユーザーを探したり、見ているユーザーも生放送の画面上に登場したりと、発信する側と見ている側、双方向のコミュニケーションが可能です。また、現在アプリ自体は、中国語版のみの提供ですが、海外在住のユーザーもライブストリーミングに参加するなど、中国以外の地域にも広がりを見せています。

当時の記事を読む

PR TIMESの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

総合ランキング

ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2016年12月27日のリリース記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

注目の最新リリース情報など、競合他社の動向が分かるビジネスパーソン必見の最新ニュースを写真付きでお届けします。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。