ハードロック・インターナショナルが日本法人を設立

ハードロック・インターナショナルが日本法人を設立
カジノ業界での経験豊富なエドワード・トレーシーを日本支社の最高経営責任者に任命

現在74カ国以上で業務展開をしているハードロック・インターナショナル(本社:フロリダ州、オーランド、会長:ジム・アレン)はこのたび、日本支社となるハードロック・ジャパン株式会社を設立し、同社の最高経営責任者(CEO)としてエドワード・トレーシーを任命することを決定いたしました。カジノ業界での経験豊富なトレーシーの抜擢は、今後の日本市場における事業拡張に向けた戦略的な動きとなります。

弊社は1983年にWDIグループと共に国内初のハードロックカフェを開業以来、日本における事業を30年以上に渡って展開して参りました。日本国内 6軒のハードロックカフェ、そして世界各地で24軒のホテルと11箇所のカジノ施設を展開する弊社は、卓越したエンターテインメントおよび接客産業施設の開発・運営において、確固とした実績を残しています。先月の日本における「統合型リゾート(IR)整備推進法」の成立を受け、弊社ではこれまでの経験と実績を活かし、日本における統合型リゾート開発のための免許を取得できるよう活動して参ります。

エドワード・トレーシーは2010年7月にラスベガス・サンズ・コープの子会社であるサンズ・チャイナに社長兼チーフ・オペレーティング・オフィサー(COO)として入社しました。翌年の7月には最高経営責任者(CEO)へと昇進し、計1万3千の客室と3万人の従業員を擁し、収益、規模、コンテンツ等の面で中華圏内最大である統合型リゾートの指揮をとりました。2014年10月には米経営学誌のハーバード・ビジネス・レビューが毎年発表している「世界のCEOベスト100 (The Best-Performing CEOs in the World)」に選出されました。チャイナ・サンズに入社以前は、アメリカ国内の複数のカジノ施設を運営するキャピタル・ゲーミング社の最高経営責任者(CEO)を務めました。同職以前はトランプ・オーガナイゼーションの社長兼最高経営責任者(CEO)として、12,500人の社員、3千客室のラグジュアリー・クラスのホテル、24万平方フィート(約22,300平方メートル)のカジノ施設の監督を担いました。

あわせて読みたい

PR TIMESの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

ニュースアクセスランキング

ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2017年1月30日のリリース記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

注目の最新リリース情報など、競合他社の動向が分かるビジネスパーソン必見の最新ニュースを写真付きでお届けします。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。